« 「国盗人」、<あれ>から脱却できず。 | トップページ | 東京メトロマナー5月は携帯マナー »

2009.05.02

「六道輪廻」を観る

東京芸術劇場。

ドラゴンボール萬斎(笑)

申し訳ないですが、腰回りと首回りに金地に赤刺繍の飾りの付いた緑の衣装、
逆立ったイワトビペンギン仕様に赤くところどころ毛先を染めた髪、足元は金地に
赤の唐草柄のスニーカー(地下足袋だったかも?)姿のユッダに扮した萬斎さんが
出てきた瞬間、もうこれが頭に浮かんでしまい、最後までそうとしか見えなくなって
しまいでした。(信心なくて申し訳ない…)

肝心のストーリーの方は措いておいて、面白かったと覚えているのは、まずは
「ムサシ」以来続く「戦いの連鎖を断ち切る」話。
さらに5人並んで動き回るシーンが出てきた時は、萬斎さん、まさか早くも「ムサシ」の
五人六脚を採り入れたかと思ったくらい。
また万作さんが主にナチュラルな笑い担当。
閻魔相手に博打を打つ話は、ストーリーも動きも「博打十王」そのもの。
「精神分析」やら経済活動は博打だなんて嘯いたりし、軽妙な部分が多い中に
きちんと流れがあるあたり、流石に万作さんでした。

舞台中央に倒れた骸骨とそれを抱いたメイユレー(若村さん)の前に白い布を
立て、客席側から二人の上を通って後ろに流す一瞬で骸骨から若いユッダに
変わったり、箱の上に捧げられたユッダの首をメイユレーが抱いて差し出すと
箱の中からユッダが登場したりと、ちょっとイリュージョン風の仕掛けは
歌舞伎の手法っぽい。
(流石に箱から萬斎さんが出てきたら笑いが起きてましたが)、

麻実さんは「女性の役じゃない」とインタビューとかでおっしゃってましたが
美しい観音のような美しい御仏に見えました。
若村さんが行方不明になった父(万作さん演じるサンサーラ)を捜すうちに、
知らず六道をめぐり、様々な体験をし、ユッダに思いを寄せる美しい女性を
演じていらっしゃいましたが、「カリギュラ」やドラマ「白い巨塔」で演じて
いた気の強い女性とは正反対の聡明さや美しさが際立っていて、こんな
女性が隣に倒れていたら、いくらユッダでも心ゆすぶられちゃうでしょう
っていうか、大丈夫か、ユッダとか思ってしまいました(苦笑)

仏教の教えに疎い人間なんで、話は観念的過ぎてさっぱり判りません
でしたが、色々興味深く拝見しました。

|

« 「国盗人」、<あれ>から脱却できず。 | トップページ | 東京メトロマナー5月は携帯マナー »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさん、こんにちは。

ドラゴンボールですか~。

私はあまりよく見えない席と衰えつつある視力が幸いして楽しめました。ユッダが登場したときの顔が、東京国立博物館の阿修羅展のポスターで見ていた阿修羅の顔に似ているように思え、あれを参考にメイクされたのかなとか思いました。最後に人間たちが夕日を拝む場面での立ち姿もどこかで見た仏像のポーズのようで、仏像や仏画を研究されたのかと思いました。

餓鬼道での変身、首級から全身への変化もまさにイリュージョンに見えました。

投稿: susie | 2009.05.03 14:24

susieさま
私も遠目でみたクチで、あれよりリアルに見えなくて
良かったかも、とか、目の前で「腕枕の一夜」を
見せられなくてよかった(萬斎ファン、この程度でも
耐性弱い)とか思ってました。
そういえば、修羅と言えば、今上野にご出座中の方
阿修羅さまでしたね。
きっと京都の本願寺公演ではあの仏像は本物だった
のでしょうね。
まさか萬斎さんも仏像役されると思ってはなかった
と思いつつ見てました(^^ゞ

投稿: かのこ | 2009.05.04 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「国盗人」、<あれ>から脱却できず。 | トップページ | 東京メトロマナー5月は携帯マナー »