« 万作さん「釣狐」記事 | トップページ | 「アントニーとクレオパトラ」を観る »

2009.10.03

《戯言》町は住む人のもの。

以下愚痴的戯言です。

たまに来て、町や駅について、やれ「風情だ」とか、いわゆる「昔ながら至上
主義」を振りかざし、中途半端な文化論を並べるのを見たり聞いたりしますが、
個人的には、町は何より
毎日生活する住人のものだと思っています。
他所から来る人の、こうした感情論には、なぜ住人の安全(救急車両の侵入)や
便利さ(駅で分断されている両サイドの行き来やバスターミナルの設置)が
犠牲にされ、住人や通勤通学で毎日利用する人間が我慢させられるのだと
言う事が考慮の中に入らないのか不思議でなりません。

「ちょっとくらいの不便は我慢して」とか言うのかしら。
私にはそうした事が話題になる駅を屡々利用しますし、住んでいる人が不便
がっているのも良く知っています。
先日の鞆の浦のような、自然景観は別ですが、駅や町づくりで、生活が便利に
なり、駅舎が近代的(普通の駅ならそれが普通)になるのを、罪悪みたいに
言われるのはどうも理解できません。

こうした考え方って、今時受けなさそうですけど。

|

« 万作さん「釣狐」記事 | トップページ | 「アントニーとクレオパトラ」を観る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 万作さん「釣狐」記事 | トップページ | 「アントニーとクレオパトラ」を観る »