« 今年の読書の収穫の一つ「武士の家計簿」 | トップページ | はとバスwithキティ »

2009.11.21

新作能 萬斎さんが演出。

国立能楽堂公式サイト情報。
来年3月末に国立能楽堂で、萬斎さんが演出する(無論この方の
場合は出演もされます)新作能が上演されるそうです。
(試演会情報はこちら、公演情報はこちら

タイトルは「野馬台の詩」。
サブタイトルに「吉備大臣と安倍仲麻呂」とあります。
「天の原振りさけみれば春日なる三笠の山に出でし月かも」の仲麻呂さんは
ともかく、吉備大臣(真備)さんって何した人だったかなぁと言う程度の歴史
知識ではまずいかな。

元になる廃曲能はあるようですが、どんなものになるのやら。
節付(出演も)は梅若玄祥さん、万作さんはじめ狂言方もかなり出演される
ようです。
「マクベス」とも時期的に近いし、萬斎さん相変わらずチャレンジャー。

でもこのチラシビジュアル、ポーズと言い、装束と言い、かなり
「安倍清明」ですね。
そういえば、清明って、仲麻呂の子孫らしいですね。

|

« 今年の読書の収穫の一つ「武士の家計簿」 | トップページ | はとバスwithキティ »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年の読書の収穫の一つ「武士の家計簿」 | トップページ | はとバスwithキティ »