« 「笑う警官」を見る | トップページ | キレイさっぱり。 »

2009.11.15

「花形歌舞伎」(夜の部)を観る

歌舞伎座を切り上げた次の予定が実はこれ。
こんな疲れるスケジュールにするつもりはなかったのですが、最初取った
夜の部の日に行けなくなり、やむ無く別の日を探したら、こんな事に。
だったら「忠臣蔵」続けて見ても良かったんですが(苦笑)

こちらは「三人吉三」の通し。
昼の「盟三五大切」ともども一筋縄ではいかない、ややこしく、あり得ない
展開話ですが、かなり好きな作品。
考えると、どちらも絵的に国芳が描いたら絶対に似合うテイストなので、
そのあたりが私のツボなのかも。
これなどラストの櫓での決まりなど絵が目に浮かぶようです。

さて本題。

菊之助くんのお嬢は、声の使い分けは立ち役女形どちらもやる人なので
良いのですが、基本、退廃の気配が薄く、普通にお七になっているし、元は
男で女装していると言うより単に女性の盗賊に見えてしまうのがやや難ですね。
これが、男だ、と判るところがあると、吉祥院で刺し違えて死のうとお坊と
見つめ合うあたりにさらに倒錯的雰囲気が漂うと思うのですが。
でも二の腕見せての立ち回りは滅法良かったです。

お坊の愛之助さんはいつもの甘さを消した化粧と声がまず良く(駕籠から
みせる横顔が益々仁左衛門さんに似てきました)、またお竹蔵の非情さが
魅力的でした。
松緑さんの和尚は独特。
皆若いせいか、本当にやくざれたアウトローの頼れる兄貴分な雰囲気ですが、
団十郎さんや勘三郎さんに比べると、自分もまだまだ血気にはやる感じ。
義兄弟のために実の妹弟を殺すところの苦悩が生々しかったです。
(凄い叫んでいてびっくりしましたが流石にそこまでしなくても〜)
がっちりした体格に見せて、雰囲気がお祖父さんの松緑さん似でした。

また、梅枝&松也のおとせ&十三郎コンビが、兄貴分3人と年齢的、キャリア的な
バランスも取れていてとても良かったです。
特に松也くんはこれまで、和風なのに濃い顔立ちと長身で妙に目立っていた
のが、形がきれいになったなぁと思います。

冒頭の「庚申塚」だけでも確かに面白いですが、私はやはり通しが好きかも。

結局こちらも頭痛薬も限界で「紅葉狩」諦めて帰宅しました。

でも十分楽しめました。

|

« 「笑う警官」を見る | トップページ | キレイさっぱり。 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「笑う警官」を見る | トップページ | キレイさっぱり。 »