« 「野村狂言座」を観る | トップページ | 新国立劇場、2010〜2011年シーズンラインナップ »

2010.01.17

「能楽現在形 劇場版@世田谷」(2日目)を観る

世田谷パブリックシアター。
つい先日国立能楽堂で見たばかりの「邯鄲」は、私でも内容も、また違いも
判りやすいそうでしたし、また良く聞くのですが拝見した事のなかった「高砂」
(半能)も有りとの事で、楽しみに伺いました。
まず配役を見てびっくり。
今回は「現在形」と言いながら、同人の一人である一噌幸弘さんが欠場でした。
また去年は違う流派のシテ方を迎えの大スペクタクル「舎利」でしたが、今回は
3公演全て観世流のおシテ方でした。

まず「高砂」
舞台は恒例上下両橋掛、正面に最近新調された、老松スクリーン。
橋掛の上手付け根に地謡5人、下手付け根に囃子方4人(橋掛を使わない
演出で、太鼓の元伯さんは橋掛にややかかってお座りでした)
まず地謡あり、続いて上手袖からワキの宝生欣哉さんが、下手からアイの
萬斎さんが、共に紋付き袴姿で登場、欣哉さんによる有名な「高砂や〜」が
あり、「舟に帆を上げて〜」で正面のスクリーンが丁度帆船の帆のようにユラリと
動き、ピンと張ると、スルスル上がって正面より緩やかなスロープを下って
シテ(片山清司さん)登場、と言う演出。
途中、八段の舞のところで足拍子に合わせて照明が明るくなったり暗くなったり
するのも劇場ならではでした。
最後はシテが正面のスロープ橋掛を駆け上がり、バシッとスクリーンが下がって
神が一気に消え去る幕切れでした。
毎度の事ですが、広忠さんがパワー爆発。今回小鼓が成田さんでしたので、
二人の掛け合いがヒートアップ、シテのお謡が聞き取れないくらいでした
(能楽堂より囃子方の位置が見所に近いからそう感じるのかも)

休憩を挟んでいよいよ「邯鄲」
一畳台が床から競り上がり。これ、正面の蹴込み(高さの部分)をスタッフが
下で貼り替えていたと言う「国盗人」で大活躍した、あれ、ですね。
今回は「邯鄲」と言う事で赤い地に金色のモールで縁取りした、ニューバー
ジョン、しかも後から判明しましたが、これが更に上昇し、前後に階段が出て
くる仕掛け付きに進化してました

また中国の物語らしく、上から赤いリリアン糸がグルリと付いた、金色のラン
タン?風ライトが提がり、開幕。

地謡はの上手、囃子方は下手のそれぞれ本舞台外に。
アイ(萬斎)は上手橋掛から登場し、客を待っていると、都合良く獲物?の
シテ・盧生くん登場。
無論見所は夢の中の王宮の場面ですが、その前、豪華な車で移動のところで
ワキの先導で正面の橋掛からまっすぐ入り、奥で僧の身なりから王の姿に変わり、
気のせいかシテの声がグンと野太く、威厳あるように変わって聞こえたのには
驚きました。
さらに前に書いた一畳台はこの間にもっと競り上がり、上がりきると3段の
階段が一畳台前面から前に出てきました。
蹴込みには「寶」の様な字が散りばめられ、天井からは篇も作りも「喜」の
文字が書かれた正方形の飾りと、ランタンも豪華に、数も4つ(多分)に増えて
豪華な場面に。
廷臣、大臣らは正面一畳台左右に着座。
そして通常子方がされる舞手、今回は舞女として、鵜澤久師のお嬢さんの
光さんがなさり、華やかさが一段とアップ。面をかけずにお化粧、弁財天のように
眉間に赤い花のようなマーク(正式名称不明)もつけられていました。
そう言えば舞台転換に目を取られた間に、アイはいつの間にか幕入り。
普通一畳台中で舞うところを高く競り上がり、能楽堂の時のような四方の柱も
ないので、良く怖くないなぁと思いつつ拝見。
しかも段から降りるところ、段の高さが下がってきている途中、まだ結構高い
内に飛び降りられたのでヒヤリとしました。

季節が巡るところは、舞台照明、背景のスクリーンの模様や色が次々と、かなり
カラフルに変化し、最後の一畳台への飛び込みは割に直近からだったからか
ちょっとギリギリ苦しそうに見えました。
そこへ女主人登場。
呆然としてる盧生くんに「またいらっしゃいね〜」と言ってましたが(笑)、
私には盧生くんががっくりしているように見え、「希望叶えて〜」がちょっと
腑に落ちず、嬉しそうな?女主人に「もう来るもんかい!」と言いたいような
感じがしてしまいました。
ともあれ実に劇的な物語なので非常に楽しく拝見しました。

|

« 「野村狂言座」を観る | トップページ | 新国立劇場、2010〜2011年シーズンラインナップ »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「野村狂言座」を観る | トップページ | 新国立劇場、2010〜2011年シーズンラインナップ »