« ドラマ「樅の木は残った」2月にオンエア | トップページ | 3月の歌舞伎座は3部制(1/24補足) »

2010.01.22

試写会で映画「ゴールデンスランバー」を見る

伊坂さんは小説を読んだ事はないのになぜか「アヒルと鴨のコインロッカー」
「フィッシュストーリー」と、伊坂作品の中村監督映画作品は大ファン。
そして今回は、絶好調な堺雅人さん主演での「ゴールデンスランバー」と言う
事で、楽しみに、また今回も全く予備知識を持たずに見に行きました。

★以下内容に触れ、ネタバレします。
原作があるので、ネタバレと言うのはちょっと違う気もしますが念のため。
また、原作との比較はできないので、全て映画を見ての感想ですのでご了解を。

いや、面白かったです。
原作を読んでないので、逆に違いを気にせず見られたのが良かったかも知れ
ませんが

サスペンス、ミステリーと言うには緩い場面が多かったので、それを期待してた
人には不満かと思いますが、見えない大きな理不尽に立ち向かう主人公・
青柳に友達や知り合いが徐々に関わり、最後にはそれぞれが自分の役割を
果たして青柳を救い出す事になるプロセスは、青春映画的。
また小さいアイテムが後から後から布石になってピタリピタリとはまって行く
「そうだったのか〜」な面白さ、「アヒル〜」から定番の、同じシーンの
「実はこれは…」な繰り返し、意図的な時間軸の並び替えなど、中村監督なら
ではの映像の面白さも堪能できました。
(特に冒頭のシーンは傑作!)

結局誰が真犯人なのかと言う問題は最後までスルーでしたし(だいたい予想は
つきますが)、どうしてこの人が連絡先を知ってるのか、とか、いくらなんでも
電車止めて封鎖するなら逃げ込みそうな藪や空き地は隈無くチェックするだろう
とか、いくつかツッコミどころもありましたが、最後の最後まで楽しめるツボが
満載で、大満足でした。

役者さんもみんな良かったです。
いつも余裕綽々な役の多い堺さんがとにかく最初から最後まで逃げまくるのも
面白かったし、同級生役の吉岡さん、劇団ひとりさんも学生時代も含めて自然
でした。
竹内さんは「サイドカー」「バチスタ」「春の雪」などなど見てきましたが、
個人的には今回が一番良かったかな。
(しかし普通結婚して姓が変わっても、同級生って旧姓で呼ばないでしょうか。
ダンナさんが聟養子なら判りませんが)
また中村作品常連の濱田岳さんが今回はぶっ飛んだ役で大活躍でした。
個人的には、竹内さん演じる樋口のダンナさん役で、最初と最後だけですが
大森南朋さんが登場してましたし、「龍馬伝」で大森さんと共演している
(と言うか準主役)香川さんが出てるし、最後のシーンの「青柳」役で、映画
「ハゲタカ」に、通り魔役で出ていた滝藤さんが出てきてたりと、細かいところも
楽しみました。
またシーンで一番面白く、会場で拍手まで出ていたのは、伊東四朗さんが演じる
青柳の父親がカメラに向かって「ちゃちゃっと逃げとけ」と言ったシーン。
冒頭とラストのシーン、バッテリー交換のところに濱田くん演じるキルオが
現れたシーンと並んで印象的でした。
町中でバズーカ砲発射したり、下水道に花火仕掛けたり、話としては無茶苦茶
ですが、真面目になればなるほど人間がおかしく見えてくると言う意味での
コメディであり、気宇壮大な妄想物語として、映画らしい映画、でした。
真面目に見る人にはきっと許せないと思いますが、私にはめちゃめちゃツボ、
でした。

|

« ドラマ「樅の木は残った」2月にオンエア | トップページ | 3月の歌舞伎座は3部制(1/24補足) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラマ「樅の木は残った」2月にオンエア | トップページ | 3月の歌舞伎座は3部制(1/24補足) »