« 雑誌「Discover Japan」2月号 | トップページ | 国立能楽堂平成22年度スケジュール »

2010.01.06

「国立能楽堂定期公演」を観る

国立能楽堂。
今年の初能&初狂言&初萬斎さん。

能楽堂入口には大きな門松に正面には飾り、ロビーには子どもの背丈
以上高さのある台に大きな鏡餅が飾られ、本舞台には注連縄が
提げられていました

「国立能楽堂定期公演」を観る

「国立能楽堂定期公演」を観る

「国立能楽堂定期公演」を観る

いきなり能「邯鄲」
今月は「劇場版能楽現在形」も「邯鄲」ですから、集中的に観る事になりそう。
おシテは喜多流の粟谷明生さん。地謠に友枝さんが入る贅沢さ。
萬斎さんは勿論宿屋の女主。
今回は「置鼓」と「働」と言う小書付きでした。

喜多流は個人的には地謠がとても聴いていて心地よい印象がありますが、今回
まさにその通り。また粟谷さんの声も力強く、かつ美しいビブラートがかかって
聞き惚れました。
特に夢が醒めた〜と呆然と(と見えた)一畳台に腰かけている面の感じが、
本当にがっかりしてボンヤリしているように見えました。
舞も、一畳台への「飛び込み」(正確には何と言うのか存じませんが)も
ぴたりと決まって、途中子方のところで記憶を少し飛ばしましたが、最後まで
非常に興味深く拝見しました。

休憩を挟んで狂言「餅酒」。
初見でした。
出だしの感じは「佐渡狐」に似ていましたが、最後機転で和歌も作りおおせ、
二人の百姓(万之介さん&石田さん)が連れ舞をして終わり、とてもお目出度い
曲でした。

開演前に展示室の細見美術館所蔵の、琳派の作者による能関係の絵画の
展示を拝見しましたが、大好きな鈴木其一の作品がいくつもあり、こちらも
楽しめました。

|

« 雑誌「Discover Japan」2月号 | トップページ | 国立能楽堂平成22年度スケジュール »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。演劇公演のことですが、私も情報を一つご提供いたします。よろしくお願いします。
米国神韻芸術団は2010年3月に4度目来日公演、詳細はホームページをご参考ください。http://www.ticket-online.jp/home/
2010年日本公演スケジュールはこちら:http://www.ticket-online.jp/home/index.php?main_page=page&id=3
有名人から2009年日本公演への評価:
http://www.epochtimes.jp/jp/spcl_shenyun_1.html
作詞家・東海林良氏(日本音楽著作権協会会員)の絶賛
世界的チェロ奏者で作曲家でもある平井丈一朗氏の称賛
演技派俳優・村田雄浩氏の評価
日本映画ビジュアルエフェクト(VFX)クリエーターの第一人者・柳川瀬雅英氏の評価
人間国宝の善竹十郎氏の評価
デヴィ夫人の評価
等など

投稿: ちょう | 2010.01.07 07:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑誌「Discover Japan」2月号 | トップページ | 国立能楽堂平成22年度スケジュール »