« 東京芸術劇場チケットサイト改ざん | トップページ | 知らないうちに。 »

2010.01.22

「国立能楽堂狂言の会」を観る

万作家の「木六駄」と茂山家の「狸腹鼓」と言う、滅多にない大曲揃いと言う
事で、久しぶりに正面席を奮発して楽しみに伺う。

能楽堂に近づくと、なんだか「警視庁」の腕章をした警備はいるわ、中に入れば
ロビーあちこちに、普段の10倍くらい係員はいるわで、何かあるな、誰かVipが
いらっしゃるなと思いつつ開演を待っていたら何と、天皇・皇后両陛下ご臨席
との場内アナウンスがありました。

まず大蔵流善竹家の「三本の柱」
内容は以前、万作家ので見たものとほぼ同じでした。
前にどこかお菓子メーカーのコマーシャルに出演されていた、大藏基誠さんを
初めて拝見しました。

休憩を挟んで万作家の「木六駄」
その直前にまず正面一列目の前に、報道がスチールカメラとテレビカメラを
持って入ってきてセッティング。
まもなく、正面後ろのGS席に両陛下がおでましになり、一頻り写真撮影。
能楽堂であれだけフラッシュが焚かれたのを初めて見ました。

両陛下がお席に就かれ、報道が退場してから開幕。

能楽堂で万作さんシテの「木六駄」を拝見するのはひょっとして初めてだった
かも。
石田さんの主人、萬斎さんの茶屋ともに、いつもよりきっちり髪を整えていた
ように見えたのは気のせい、でしょうか。
万作さんはお名前にも通じる、まんさくの花の肩衣、萬斎さんは内容に相応しく
雪持ち笹に雪中の筍柄の肩衣でした。
万作さんの太郎冠者は、本当に寒そうで、茶屋のところに行き着いてまさに
生き返ったよう。
鶉舞も哀愁が漂い、この演目で初めて、太郎冠者に課せられた労働の厳しさを
感じつつも、どこまでもへこたれない、太郎冠者の生命力も実感しました。

続けて「狸腹鼓」
七五三さんがシテ。
話の前半と、シテの扮装は「釣狐」に似ていましたが、後半、狸が正体を見
顕してからは、どちらかと言えば茂山家らしい、剽軽な狸の仕草が笑いを呼ぶ
明るい物語に転じました。
鼓と狸が腹を打つタイミングが合うとかなり微笑ましかったですが、あの所謂
「着ぐるみ」の上に更に尼の装束を付けての演技は大変なのでは。
猟師役の正邦さんは、本当に久しぶりに拝見しましたが、随分がっちり貫禄が
ありました。

3曲たっぷり楽しませて頂きました。

|

« 東京芸術劇場チケットサイト改ざん | トップページ | 知らないうちに。 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京芸術劇場チケットサイト改ざん | トップページ | 知らないうちに。 »