« チリ地震の津波の影響 | トップページ | 「龍馬伝」2/28 »

2010.02.28

「観世九皐会百周年記念別会」を観る

久しぶりの矢来能楽堂。
結構な大雨でしたが、ほぼ満席の盛況。

私のお目当ては無論萬斎さんが三番叟を踏まれる「翁」
地下に下りる階段脇の扉に「別火中」の貼り紙を見つけて、こちらもちょっと
厳粛な気分に。
一方地下の喫茶ルームでは日本橋の和菓子屋さんの雛あられや和菓子が
売られていて季節を感じました。

矢来さんは能楽堂の中でも小ぶりなところなので、ギリギリに取った端席でし
たが、国立能楽堂に比べると、どこでも近くに感じます。

さて「翁」。
翁の舞は動き、と言うより「形」が印象的なので、さほど意識して見ていません
でしたが、今日なさった方のを見ていたら、形と形の間、また形のキープの
仕方が演者さんによって随分違うのに気がつきました。
このところ見ているからでしょうが、技術と繋ぎと美しさのバランスみたいな
ところがフィギュアスケートに似ているかも等と、突飛な連想をしていました。
続く「三番叟」
いつでもパワフルな萬斎さんの三番叟ですが、今回はハコが小さい事もあり、
更に密度が濃く、溢れると言うかパワー炸裂でした。
(しかしあれだけ一度に人数が舞台上にいると皆さん流石に窮屈そうでした)
そう言えば脇鼓のお一人はまだあどけなさの残る少年で、大人二人に負けじと
叩く姿が印象に残りました。

休憩を挟んで狂言「鍋八撥」
万作さんの鍋売り、深田さんの括鼓売り、万之介さんの目代。
厳粛な「翁」から気分を和らげ、次の「玄象」に切り替える絶妙の曲でした。

仕舞を挟んで能「玄象」。
この曲だけ笛に幸弘さん登場しました。
「玄象」とは琵琶の名前ですが、この名前を聞くと漫画「陰陽師」を読んで
いれば当然ピンとくるのは、博雅が「玄象」が鬼に取られたと晴明に相談に
来る話。
能に出てくる後シテ村上天皇の霊の村上天皇って、博雅の親戚ですし、
そう言う意味では滅法興味深い物語ですが、とにかく前半は老人二人の
まったり(すいません)した語りが長くて、完全に意識飛びまくりました。
それが、高野さんの「節分」の鬼姿のアイ(予定の竹山くんから交替)が登場
してからの後半、いきなり慌ただしくかつ派手に転換。
村上天皇の霊は早舞をし、玄象を持ったパンクな龍神がさぁ〜っと現れたかと
思うと師長に玄象を授けて消え、師長がかき鳴らして皆でめでたく幕に入る
までの部分だけはしっかり拝見しました。

13時開演で17:10終演。
能はやはり帰る時間を気にせず、また仕事の疲れに無関係で済む昼間の
公演の方が私には向いていそうです。

|

« チリ地震の津波の影響 | トップページ | 「龍馬伝」2/28 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チリ地震の津波の影響 | トップページ | 「龍馬伝」2/28 »