« 「野馬台の詩」開演前情報 | トップページ | 「薔薇とサムライ」を観る »

2010.03.24

新作能「野馬台の詩」を観る

結局予定より10分長く100分かかりました。
国立能楽堂久しぶりの新作能、とありましたが、能ではない、とは言いませんが、
玄祥さんと雲の役2名の演者さん以外、みな万作家の方たちだった事もあり、
またシテ、ワキ、ツレ、アイと言う役割分けがなく、更に後述しますが既存の
狂言のアイデアが積極的に盛り込まれているため、いささか毒のある言い方が
許されるなら、能シテ方と囃子方の強烈なアシストを頂き、大胆に能狂言手法を
用いて能楽堂で演じられた新作劇、と言う印象の方が強かったかも。

恐らく普通の能っぽく作るなら、捕らわれて苦悩するワキ・吉備の元に、老人に
扮したシテ・仲麻呂が現れて、吉備の手伝いをし消え去る。
しかし、いざ皇帝の前で野馬台の詩を突きつけられて吉備が困っていると、真の
姿である、仲麻呂の亡霊となって現れ、皇帝や吉備に恨みを述べ、吉備が
呪文の力で退散させる、的な話になる気がします
しかし今作では仲麻呂は最初から自ら亡霊と名乗って現れるし、吉備も積極的に
動き回るわ、何しろ吉備くん、センターにどんっと座っているので(にしても
萬斎さん、やっぱり白の衣冠束帯姿似合い過ぎ。どうしても陰陽師風になって
しまうにしても)、役割としては、主役が吉備で、強烈なサブキャラが仲麻呂と
言う感じがしました。
判りやすく?「ヘンリー六世」に例えるなら、吉備がタイトルロール、ヘンリー
六世、仲麻呂がヨーク公リチャードみたいな感じ??。

冒頭の牢番二人の会話はちょっと「ハムレット」の冒頭とかのシェイクスピア
作品を連想しましたし、
パンフレットにあるように、唐人の通辞(石田さん。間狂言的でかつ観客を
くすぐるセリフつきの長語り抜群でした)や、家臣たちの姿やセリフ回しは
「唐相撲」、最初に出てくる小さい高楼とそこから顔を出す普通サイズの吉備と
言うアンバランスは、「髭櫓」のアイディア。
と言う訳で、時に(囲碁で「待った」をしたり、移動する作り物の中でまで喋り
まくるような)ギャグ的センスを含めてやっぱり狂言を連想せずにはいられ
ませんでした。

心配?したイリュージョン的な仕掛けはなく、あくまで能楽堂に相応しいレベル
でのお遊び程度に抑えた演出は良かったですが、吉備が階に足をかけて、一人
スポットライトで(!)叫ぶと言うラストは、いささか先週までの「マクベス」
的な色を感じて若干違和感がありました。
(拍手のタイミングが判らなかったし→映画「アマデウス」にこんなセリフが
ありましたっけ(笑)

パンフレットの台本からはかなり変わっていたり(ラストの「文字が飛び散る」
は台本にはない)しましたが、よくみなさん、これだけセリフの多い新作を
覚えていらっしゃると(特に先週まで髭生やして洋服着ていた演出兼任の
マクベス殿)、変な事に感心してました。

ともあれ面白い新作「劇」(しつこい?!)でした

|

« 「野馬台の詩」開演前情報 | トップページ | 「薔薇とサムライ」を観る »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさま、こんにちは。またしてもお久しぶりです。24日に、国立能楽堂→赤坂ACTシアター
とご覧になったのですよね、私も全く同じです!!
私も吉備真備ドノを見ながら、ついこの前までマクベスだったのに、よくこんな切り替えができるなぁと感心してました。そして他の方々、地謡もですが、全くの新作をよく覚えられるものと、同じく感心したのでした。
あと、ポスターがかっこいいですよね。あんな大きいのは困るけど、A4くらいにして売ってくれればいいのに(笑)。

ところで、私のHN「きびだんご」は出身地から取っているのですが、22日までは萬斎さんがお訪ねになった「まきび公園」にも近い実家にしばらくおりました。吉備真備ものといえば無条件に見たくなっちゃうので、それを萬斎さんが!ということで、何をおいても駆けつけたのでした。

投稿: きびだんご | 2010.03.25 10:21

今晩、国立能楽堂行って来ました。
詳細な解説を読んで臨んだ舞台、という事で、とても楽しめました。かのこ様の報告は本当に適切、驚きました。
最近、解説が面白くてわかりやすい矢来能楽堂や鎌倉能舞台に行く機会が多くなっているのですが、矢来の喜正さんが一生懸命(普通なのかな)後見をしているのが面白かったです。でも喜正さんも台詞が入っているということでしょうから、萬斎さん始め皆さん本当に凄いですね。最後の階のところ、教えていただいてましたが、能で階使うの。能じゃないと声出してつぶやいて仕舞いました。あとマクベスも連想しましたが、あっ、リチャードだ、と世田谷の舞台がありありと眼前に。
お陰さまで何倍も楽しめました。ありがとうございました。
文字化け

投稿: 文字化け | 2010.03.26 00:00

きびだんごさま
2会場はしごご一緒だったとはすごい偶然!!
どちらも面白かったし、雨で寒かったですが
充実した一日でしたね(^'^)

投稿: かのこ | 2010.03.26 06:19

文字化けさま
階の演出のところは、やっぱり違和感がありますね。
「国盗人」で同じよう~なことを妙な軍服?姿で
やっていたのが、いきなり思い出されてました。
個人的にはラストは改心?した仲麻呂が無事に
吉備を日本に帰らせる、みたいなのが良かった
気はしましたが、いかがでしたでしょうか?

投稿: かのこ | 2010.03.26 06:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「野馬台の詩」開演前情報 | トップページ | 「薔薇とサムライ」を観る »