« 配布中の「ジェイヌード」は若手俳優特集状態 | トップページ | 「じゃじゃ馬馴らし」と「ファウストの悲劇」の類似って? »

2010.10.24

国立能楽堂、来年のカレンダー

先日、国立劇場で歌舞伎版が出ていたので、そろそろ能楽堂版も
出るだろうなあと思っていたら、能楽堂受付でやっぱり売っていました。

万作家は「御田」と、そしてきっとある、と思っていた「野馬台の詩」。
「御田」では女性姿の、「野馬台〜」では真備の凛々しい(笑)、それぞれ
萬斎さんのお姿が拝めます。

実際飾ったりはしないんですが、どうもこれは買ってしまいます

1200円。

|

« 配布中の「ジェイヌード」は若手俳優特集状態 | トップページ | 「じゃじゃ馬馴らし」と「ファウストの悲劇」の類似って? »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 配布中の「ジェイヌード」は若手俳優特集状態 | トップページ | 「じゃじゃ馬馴らし」と「ファウストの悲劇」の類似って? »