« 「ミシマダブル」公式サイトは画像も普通にアップされている! | トップページ | 「じゃじゃ馬馴らし」舞台写真雑誌掲載 »

2010.11.27

「万作を観る会」を観る

国立能楽堂

今年は1回のみの開催でした。
またこのところ重い曲、遠い曲が演じられる事が多かったのですが、今回は
稀曲「楽阿弥」を「磁石」「棒縛」と言う超メジャー曲が挟む、興味深い構成。
しかも「棒縛」でハンディ付き?で舞われる2つの小舞「七つ子」と「暁」の
「普通バージョン」を直前に、裕基くん&中村くんの若手2人が舞うというのは、
こうした主催会ならではの、知的でレクチャー的趣向でした。

今回はまず「磁石」。
すっぱの萬斎さん、先日「能楽集」ポストトークでも洋服姿は拝見してましたが
装束姿を拝見すると、改めてバッサリ髪を切られたのが判りました。
(分け目が変わった感じがしましたが)

萬斎さんが寝ている何某(遼太くん)の身体をヒョイヒョイと2往復飛び越え、
更に座っていて、真後ろから押されてクルっと前転するなど高い身体性には
判っていてもびっくり。
そして遼太くん。
声が素晴らしく良く響くようになりましたね。
また、すっぱの刀を飲み込むぞ、として睨む形や迫力は、ちょっと怪獣みたいで
(誉めてます)でした。

舞囃子「序の舞」で久しぶりに幸弘さんの笛をお聞きしましたが、予想よりは(笑)
大人しい仕上がり。

「楽阿弥」は謡中心、作り物の松も出る能がかりの曲。
渋い上にも渋い曲で、ちょっと睡魔に襲われました(恥)

休憩を挟んで上述の小舞。
中村くん、確か遼太くんの「魚説法」のアドを同じ「万作を観る」で拝見した
頃は可愛い少年でしたが、背がすっかり伸びてかっこいい今時の大学生ですね。
裕基くん、踏み出す一歩の幅も広がって成長のあとがひしひし。
また扇を左に広げて顔を右に向けた所が、まさにパパそっくりでびっくり。
やっぱり親子だわ

で「棒縛」
このメジャー曲を万作さんの太郎冠者、萬斎さんの次郎冠者、そして万之介さんの
主と言う豪華配役で、と言うのは、今や却って貴重。
そもそも萬斎さんが次郎冠者って初めて見た気がしましたが、縛られての
「七つ子」は爆笑を誘うほど(殆ど「顔芸」)で、次郎冠者でこんなに笑ったのも
初めてでした。
次郎冠者の縛られた縄の位置がややずれていたのだけがちょっと残念でした。

万作さんの棒で縛られたままで酒を飲もうと杯を見いる仕草一つにも笑いが起き、
改めてこの曲の面白さを感じましたが、後見に遼太くんが付いていた事も含めて、
今回の上演は、まさに万作さんが、後進のために規矩正しい「お手本」として
上演されたような気がしました。

来年は例年通り、10月に2回開催予定。
この頃には「のぼうの城」が公開になっているんでしょうね

|

« 「ミシマダブル」公式サイトは画像も普通にアップされている! | トップページ | 「じゃじゃ馬馴らし」舞台写真雑誌掲載 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこ様。私も今日、かなり久しぶりに狂言を拝見致しました。(多分、狂言に限れば5月の横浜以来かも!?)
「磁石」では、以前萬斎さんが田舎者を演じられたのを観た事がありましたが、今回の遼太君の田舎者もなかなかのもので、萬斎さんと遼太君の掛け合いが大変面白く感じました。これから、遼太君がどんな狂言師になっていくのか楽しみの1つです。
「棒縛」も万作さん、万之介さん、萬斎さんの3人が出られたのは初めて観ました!しかも、次郎冠者を演じた萬斎さんも初めて。でも、謡と舞の場面では、親子ならではなんでしょうか。すごく息があっていて、笑わずにはいられない状況に陥っておりました。
「楽阿弥」に関しては、私も睡魔に襲われ、睡魔に勝てず…途中脱落してしまいました。稀曲だっただけに、しっかりと観ておきたかったのですが(苦笑)

投稿: 華菜 | 2010.11.27 23:45

華菜さま
本当に遼太くんの田舎者は凄い面白かったですし、萬斎さんの「七つ子」は顔芸状態でしたね(笑)
それにしても万作さん、「楽阿弥」で面をかけていても上がっている息が聞こえるほどだったのに、20分休憩挟んだだけで動きの多い「棒縛」をなさるとは本当に凄い身体能力ですね。

投稿: かのこ | 2010.11.28 10:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ミシマダブル」公式サイトは画像も普通にアップされている! | トップページ | 「じゃじゃ馬馴らし」舞台写真雑誌掲載 »