« 映画「レオニー」の配役 | トップページ | 【タイトル途中変更】長塚さん演出舞台「浮標」は公演日程に配慮が足りない »

2010.11.01

「大島久見七回忌追善能」を観る

十四世喜多六平太記念能楽堂。
久しぶりに本格的能の会を拝見。
通路という通路、空きスペースという空きスペースに補助いすがでる、大盛況の
大満席状態。

それにしても、能好きが集まっている割には今日の見所のマナーは、近年稀に
見る悪さでした。
それもみんな50〜60代の分別ありそうな奥様方が、携帯のバイブを派手に鳴らし
(中には同じ人が2度!1回目で電源切らなかったからね)、演能中にべちゃべ
ちゃ舞台について隣の知り合いとお喋りし(思い付いたら制御できず、口に出さ
ずにはいられないのは何故。我慢してると忘れちゃうと心配なのか。能楽堂は
家でテレビのワイドショーツッコミ入れながら見るのとは違うと言うのが判って
いない、もしくは完全に無意識のなせるワザか)、「道成寺」の乱拍子の真最中に
ベリベリベリと飴の外包みを剥がす等々。
私は特に近くに2組の私語コンビがいて参りました。
ま、スタッフが開演前に携帯注意してても「あれ、何小声で言ってるのかしら、
聞こえないわ」と効果ゼロだし(遠慮せず大声でいわないとダメ)、バイブ音
鳴らす人に限って、注意してるタイミングにはまだロビーにいて着席してないし。
なんとかなんないんですかね、ああ言うの(怒)(怒)(怒)
とりあえず能楽堂側も「その他」の真っ当な観客のために、携帯電波抑止装置の
導入をお願いしたいところです。費用は嵩むと思いますが。

さて本題。

実は何故か会場を国立能楽堂と完全に勘違いしていて、千駄ヶ谷まで行ってしま
ったため、開演に間に合わず。
「景清」途中から入るのも失礼なので、万作&万之介&石田さんと言うベテラン
トリオによる狂言「泣尼」から。

そう言えば向かいと言うか、隣のドレメグループ各校が丁度学園祭で、能楽堂に
接する体育館でも音楽系イベントが賑やかに行われていたせいか、妙な低音が
じわ〜と暫く聞こえていました。

で「泣尼」。
久しぶりに拝見しましたが、なんたって石田さんのおばあちゃんです。
可愛くて面白くて、しかも図々しさ炸裂。
げ出家役の万作さんの「泣け!」と「えっへん」共々、大いに笑わせて頂き
ました。

仕舞2曲があり、休憩を挟んでいよいよ今回チケットを取った眼目の「道成寺」
何回か拝見してる「道成寺」ですが、喜多流は初めてだったので、ちょっとずつ
違いました。
一番の違いは鐘を出すタイミング。
観世流などでは、まず最初に狂言方が鐘を釣るしてから、ワキが入ってきて、
ですが、今回の喜多流ではまずワキ、ワキツレ(2)、そして狂言方のオモアイ
(今回は萬斎さん)が橋掛から出て、鐘の供養だ、鐘を吊るせとオモアイに命じる。
するすると揚幕内に入ったオモアイが掛け声を掛けながら仲間3人と(今回は
深田さん、高野さん、竹山くん。橋掛の幅か狭いのか、もう一人、多分遼太くんが
橋掛の欄干に鐘がぶつからないようにガード役に出ました)鐘を運び出し、途中
重いわ、一休みと言う芝居までして、本舞台に鐘を釣るす段取りでした。

今回シテは披キだったそうですが、小柄でお若く、身体能力が高い俊敏な鬼女
でした。
乱拍子の時の小鼓方の紐を引き絞るキリキリと言う音と、シテの一足一足が
小気味良く、鐘に飛び込む前、そして蛇体となって
僧と対決するところなど、明らかに口から何か有毒なガスが出ているような感じが
する程、型と言うよりリアルな迫力がありました。

アドアイは深田さんで、鐘が落ちてからのオモアイとのやり取りも軽妙。
萬斎さんの声はやっぱり独特でした。

後シテ、ワキ、ワキツレが幕に入ってから、鐘が下ろされ、狂言方がまた4人で
鐘を橋掛から運び出して終了となりました。
乱拍子の異様な緊張感、動かない状態が長く続いた後、僅かでも動くと、物凄く
エネルギーが動いた感じが印象的でした。

国立と違って舞台と見所が近い分迫力満点の「道成寺」でした。

|

« 映画「レオニー」の配役 | トップページ | 【タイトル途中変更】長塚さん演出舞台「浮標」は公演日程に配慮が足りない »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさん、はじめまして。
野村萬斎さん関連をはじめ、いろいろなお話をいつも楽しく読ませていただいております。

もうお読みになったも知れませんが、能おおしま草子第22号
(大島能楽堂のサイトにあります。http://www.noh-oshima.com/sousi/sousi-headline.html)
に興味深い関連記事があります。(鼎談「それぞれの道成寺」)

これからも、すてきなブログを読ませていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。


うさきちろう

投稿: うさきちろう | 2010.11.01 18:20

うさきちろうさま
コメントありがとうございます。
紹介いただいたものと同じタイトル、題名の特集の掲載されている冊子を能楽堂で頂きました。ひょっとすると同じ内容でしょうか?
広忠さんがもう年齢を上回る回数の「道成寺」をされているというのがびっくりしました(^^)/

投稿: かのこ | 2010.11.01 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画「レオニー」の配役 | トップページ | 【タイトル途中変更】長塚さん演出舞台「浮標」は公演日程に配慮が足りない »