« 「日本映画navi」12/1発売号 | トップページ | 「医龍3」(7話) »

2010.11.25

そろそろ年間ベスト&残念選出の時期になっちゃいました。

個人的には、12月は萬斎さんのご本業の鑑賞予定がメインで、通常の
舞台鑑賞予定が殆どないので、そろそろ「今年のベスト&残念」
ラインナップを始めようかと思います

まず上半期のはこんな感じ
★「ヘンリー六世」(3〜4月 さいたま芸劇 蜷川幸雄演出)
★狂言「花子」(4月 国立能楽堂 野村萬斎)
★狂言「二人袴」(4月 宝生能楽堂 野村萬斎&裕基)
★新作能「野馬台の詩」(3月 国立能楽堂 梅若玄祥&野村萬斎)
★1〜4月の「歌舞伎座さよなら公演」
★「薔薇とサムライ」(3月 赤坂ACT 劇団新感線)
★「ブルー/オレンジ」(5月 ワーサルシアター)
★「モジョ ミキボー」(5月 下北沢OFF・OFFシアター)
★「マクベス」(3月 世田谷パブリックシアター 野村萬斎)
☆「九皐会特別公演 翁」(観世九皐会 矢来能楽堂)
☆「狂言の会〜木六駄」(国立能楽堂 野村万作)

これに追加する下半期の作品となると
★「能楽現在形〜千秋楽」(萬斎さんの「越後聟」 宝生能楽堂)
★「ファウストの悲劇」(シアターコクーン)
★「じゃじゃ馬馴らし」(さい芸)
★「ガラスの仮面」(さい芸)
★「エリザベート」(城田トート版 帝劇)
★「焼けたトタン屋根の上の猫」(新国立)
★「道成寺」(大島能の会 喜多能楽堂)
☆「黙阿弥オペラ」(紀伊國屋サザンシアター)
☆「叔母への旅」(青山円形劇場)

あたりでしょうか

また残念に追加となると、やはり個人的には全然ダメだった
「ザ・キャラクター」、そして申し訳ないですが「広島に原爆を落とす日」と
「聖地」かな。

歌舞伎は「さよなら公演」で力を出し尽くしたと言うか、なくなって改めて
歌舞伎座と言うハコの威力を痛感している感じ。
役者さんもまだ演舞場のサイズに慣れてないし、何より2〜3階席の
見にくさが見た舞台の印象まで悪くしているかも。

ま、今年は「ヘンリー六世」と「エリザベート」、「ファウスト」に
「じゃじゃ馬」に尽きるとは思いますが。

|

« 「日本映画navi」12/1発売号 | トップページ | 「医龍3」(7話) »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

蜷川さんの舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「日本映画navi」12/1発売号 | トップページ | 「医龍3」(7話) »