« 「医龍3」ラストに「北洋病院」メンバー登場の気配 | トップページ | 「のぼうの城」@「日本映画navi」 »

2010.12.01

使用電波の周波数再編が舞台芸術にも影響と言う意外

30日の朝日新聞朝刊に「周波数再編 劇場困った」の記事が。
電波の使用可能周波数帯が変わるらしいのは、家族が使っている古い携帯が、
auから「間もなく使えなくなります(早く買い換えろ)」と言うお知らせが屡々
くるので知っていましたが、どうやらコンサートやミュージカルで演者につけて
いるワイヤレスマイクもその再編対象になっているとか。
使用周波数が変わると言うのは、機械の買い替えだけでなく、その響き方の調整
など費用と手間を劇場や主催者に強いる事になる事になるそうで(買い替え費用は
その周波数を使う携帯電話会社が負担らしい)、と言って調整やテストの期間が
ある訳ではなさそうだし、新周波数のクセは違うようだし、意外に大変そう。

オリジナルの記事はこちら

|

« 「医龍3」ラストに「北洋病院」メンバー登場の気配 | トップページ | 「のぼうの城」@「日本映画navi」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「医龍3」ラストに「北洋病院」メンバー登場の気配 | トップページ | 「のぼうの城」@「日本映画navi」 »