« 【12/19文章訂正】星智也さんの来年の予定。 | トップページ | 「坂の上の雲」(第2部-6回)【7日訂正】 »

2010.12.05

「東西狂言の会」を観る

三鷹市公会堂
相変わらず駅からのアクセス悪い会場ですが、今日は暖かく、のんびり散歩気分で
伺いました。
また、千之丞さん訃報をお聞きした日が偶然、久しぶりに茂山家のお狂言を拝見
する日となりました。

まずは萬斎さんの解説。
演目解説の他に、勿論、千之丞さんへのお悔やみと、千之丞さんが狂言の発展に
果たされた役割をお話しされてました。

ちなみに今回ご自身が出演される小舞「田植」については、「映画『のぼうの城』の
主演に抜擢されたのは、どうやら劇中で田楽舞をする設定だった事もありらしく」で
「劇中では自作の『田楽舞』がご覧頂けます。今回これを見ておけば参考になる
かと」と笑いを交えつつ、きっちり宣伝も(笑)
そうか、わざわざ小舞(つまり袴で演じる)にしても演じる理由はこれなのね、
と納得いたしました。

まずは茂山家「蚊相撲」
万作家とほとんど同じでしたが、万作家が蚊が勝ち、腹を立てた大名が太郎冠者を
ぶっ飛ばして意気揚々と?ウサを晴らして引き上げるのに対し(毎度思うのですが、
これ双方ともリクルートのための対戦なのを途中から忘れてますよね)、茂山家は、
一番は蚊が勝ち、次は太郎冠者にサポートさせた大名が蚊に勝ったところで二人
幕に入り、後から寂しげに蚊が羽を震わせながら幕に入る流れになっていました。

次は萬斎さんシテで小舞「田植」
これ、以前に単独の狂言演目として、また、国立能楽堂で本来の能「加茂」の
間狂言として、いずれも装束を付けた形で拝見した事がありますが、今回の様に
紋付き袴での小舞スタイルは初めて拝見しました。
神主姿で、田植えガールズ(笑)にちょっかいを出しながら楽しそうになさる萬斎
さんも勿論素敵ですが、袴姿だと、片足で5〜6歩飛んで、半回転→両手広げて
ようやく止まる、あるいはいつもの事ながら助走ゼロでの飛び返りなど、身体性の
凄さがはっきり見え、これはこれで面白かったです。

休憩を挟んで万作家で「泣尼」
この演目の時は、今や万作さん(僧)&石田さん(尼)がゴールデンコンビ。
風邪を引かれたか、施主役の万之介さんの声と立ち座りがややご不自由そう
だったのは気がかりでしたが、今回も石田さん尼絶好調でした。
見所は泣くべき尼が泣かずに居眠りしてしまう、その居眠りっぷりと、焦って
泣け泣けと苛立つ僧のやりとりですが、萬斎さんの解説にもあったように、能や
狂言の観客にもつい居眠りする客はいる訳で、ひょっとして演者が舞台側から
見て「寝るな」「見ろ」「笑え」と思っている事も遠回しに表現しているのかも。

あと何十年かすると、この演目、きっと萬斎さんと高野さんで演じられるように
なるかも知れませんが、まだ暫くは尼は石田さんの独壇場かな。

ともあれ、バラエティに富んだ3曲気持良く楽しめました。

|

« 【12/19文章訂正】星智也さんの来年の予定。 | トップページ | 「坂の上の雲」(第2部-6回)【7日訂正】 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【12/19文章訂正】星智也さんの来年の予定。 | トップページ | 「坂の上の雲」(第2部-6回)【7日訂正】 »