« 「医龍3」10話予告編 | トップページ | 玉三郎さん@テアトル銀座チケット »

2010.12.15

「狂言座」の子方は世田谷パブリックシアター発の狂言教室のメンバーでした

先日の「野村狂言座」の「唐人子宝」に、裕基くんと一緒に子方で出演していた
山口くんと言う可愛い男の子、15日の東京新聞webに出ていた「伝統芸能に
チャレンジ!『世田谷狂言教室』25日に初の発表会」と言う記事中で出演者の
一人、「兄も出演する区内の小学3年」と紹介されていました。
この「世田谷狂言教室」は2007年、パブリックシアターが開場10周年の記念に
萬斎さんが芸術監督と言う事もあり、区民に狂言を体験してもらおうと行われた
企画(本格的な稽古をかなりして発表会も行われた)がきっかけで、公演後、
引き続き稽古をしていこうと、出演メンバーを中心に結成されたものだそうです。
今回は萬斎の「まちがいの狂言」上演中の25日に公演が行われるとの事

ちなみに山口くんは、この公演で同じ小学生の男の子とコンビを組み「附子」を
演じると言うからいよいよ本格的です。

演目はほかに「盆山」など。
小さな狂言師はパブリックシアター発だったようです。

|

« 「医龍3」10話予告編 | トップページ | 玉三郎さん@テアトル銀座チケット »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「医龍3」10話予告編 | トップページ | 玉三郎さん@テアトル銀座チケット »