« 愛之助さん復帰 | トップページ | 「野村狂言座」を観る(14日) »

2011.01.16

「新春浅草歌舞伎」(第1部)を観る

体調不良で休演されていた愛之助さんが中2日の驚異の回復力で前日から
復帰との情報が。
今回の浅草は正直愛之助さんお目当てだったので一安心。
そしてこの日のお年玉ご挨拶は愛之助さんと言う事で拍手も一際。
本当に回復、なのかは判りませんが、その意気やよし、です。

舞台中央の緋毛氈で型通り(と言いつつ、私事ながら休演でご心配をおかけし…
はおっしゃってました)の挨拶のあと、「はいっ」と立ち上がり、花道に出て
カジュアルな喋り口調になったので客席大笑い。
「体調不良とどんな重病かと思われたかも知れませんがインフルエンザでして
もう治りまして移りませんから大丈夫」と笑いながらおっしゃってました。
そして遅れてきて通路後ろに立ったままの客に「どうぞ席におつき下さい」と
案内したり気遣いはばっちり。そして歌舞伎観劇ビギナーのためにと、拍手の
練習も(笑)。
そして今回の「三人吉三」はいつものように「庚申塚」だけではない半通しで、
ただし実は非常にめんどくさい話なのに(多分時間の関係で)「伝吉内」と
「お竹蔵」はカットするので、その部分を説明するために「舞台番」が登場する
などの説明あって、元の位置に戻って締めの挨拶、でした。

舞台番は「女暫」に出ますが、最近だと海老蔵と勘太郎の「四谷怪談」の時に
あれもめんどくさい筋立てなのに「三角屋敷」をカットしたので、それを説明に
舞台転換の間、猿弥さんが出て説明してました。
浅草も回り舞台ができず舞台転換に時間がかかるので、これは一石二鳥でした。
(その割には説明は判りにくかった(笑)いっそのこと、人間関係図とか出したら
どうかな)

さて「三人吉三」は無論「大川端」から。
七之助くんのお嬢は、おとせの懐の金包みにするするて手を伸ばす気配もなく、
いきなり男声に変わったのでちょっとびっくりしました。
もうちょっと引っ張らないかな〜
七之助くんのお嬢は何度目かですが、どうも「大川端」は「厄落とし」のセリフが
気になるのか、全体にすっきりしません。(その厄落としのセリフもまだまだ)
吉祥院以降、中性的退廃美を存分に発揮しているのでやはり屡々かかる
「大川端」の方がやる役者さんも多くてプレッシャーなのかしら。
おとせは新悟くん。
まだまだ線は細いですが、キレイ。
それに七之助くんも背が高いので新悟くんでも大丈夫なんですね(笑)
ってか、昨日の巳之助くんと言い、児太郎くん、隼人くんととにかく10〜20代の
若手は女形役者もみな長身です。

亀治郎さんがお坊ですが、正直、ちょっとニンじゃないかな。器用だからソツ
なくなさってはいましたが、どちらかと言うと、今回和尚をやっていた愛之助
さんの方がお坊向き(師匠筋?である仁左衛門さんのお坊は美しかった!)。
また今回十三郎を、愛之助さん休演の間、和尚をやったらしい亀鶴さんもお坊が
似合いそうですが、浅草はメンバーが限られていて、この年代の役者で和尚が
できそうなのは松緑くんくらいなので、苦肉の配役って感じかも。
亀治郎くんが良くない訳ではないけれども、お嬢とちょっとアブノーマルな関係に
見せるには色気がね…

愛之助さんの和尚は絶対ガラじゃないと思ってましたが、意外に?違和感なく
逆にびっくり。
まあ勘三郎さんとか團十郎さんなど「親分」格の役者さんがなさる役なだけに
迫力はちょっと、なのと、やはり江戸の生世話ものなので愛之助さんは軟らかい
かな〜と感じるところはありましたが、頑張ってました。亀鶴さんの十三郎は
新悟くんのおとせと双子は厳しい(笑)
コクーンでの勘太郎&七之助と言うのがやはりベスト。

吉祥院→墓地→吉祥院ときて休憩5分挟んで大詰。
舞台番を入れましたが、やっぱりこの話の人間関係はちゃんと理解しようとする
には芝居で見せないと難し過ぎかも知れません。後半サクサク進みすぎな印象が
ありました。
大詰は七之助くん大奮闘でした。
しかし八百屋の親父の登場が異様にタイミング良すぎだろう(笑)ですが、
ともあれ歌舞伎座でも大抵「大川端」だけなのに 若手だけで「三人吉三」の半通しを
やりきったと言うのは凄い事だと思います。

休憩を挟んで亀治郎くん舞踊「独楽」
短いし、久しぶりに舞踊見てみましたが、ネタまる判りで独楽回したように
見せるだけ、とはちょっとがっかり。
折角亀治郎くんの舞踊を独立で見せるなら、三つ面や道成寺、とかのように、
持ち前の圧倒的身体能力と技術をもっともっと見せびらかせられる(変な日本語)
もっと本格的なのを見たかったです(今回は亀治郎くんには辛口になっちゃい
ました)

ともあれ今年の浅草は1部2部とも楽しめましたが、やはりエースの一人勘太郎
くんを欠いたのが惜しかったかな。
勘太郎くん、三谷さんへの義理もあろうが、やはり正月は歌舞伎に出てね。

|

« 愛之助さん復帰 | トップページ | 「野村狂言座」を観る(14日) »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛之助さん復帰 | トップページ | 「野村狂言座」を観る(14日) »