« 「新春浅草歌舞伎」(第1部)を観る | トップページ | 「江~姫たちの戦国」第2回<17日大補筆> »

2011.01.16

「野村狂言座」を観る(14日)

チケットを入手できたので2日続けて拝見してきました。
万之介さんのお写真を見ながら、ちょっと以前、まだ天王洲アイルで「電光掲示
狂言」をやっていた頃、私を含めて開場を待つ客が結構いる前を、トレンチコー
ト姿で平然とスタスタと劇場楽屋方向へ向かって歩いて行かれる万之介さんを
こんな開演間際で間にあってしまうの?と思いながらお見かけしたのを突然思い
出しました。

「伯母ヶ酒」は随分萬斎さんの伯母さんが可愛く見えてちょっと意外(笑)。
そう言えば、着物で座ったまま、裾を崩さずに腿の力だけで向きを変えるのって
意外に大変なのではと、妙なところに注目しながら見てしまいました(笑)

さて問題の?「麻生」
前日と一つ大きく違ったのは、13日は元結でぐるぐると髪の束を括って立てた
のですが、14日は仕上がりの髷はいわゆる「ちょんまげ」風に寝かせられていた
事。
寝かせた髷の様子は、そう言えば「忠臣蔵」の吉良上野介ってあんな感じだな〜
と思いながら見ました。(浅野に斬られて烏帽子が落ちたのだから当然か)

普段から珍しい曲の多い「野村狂言座」ですが、今回は特に印象深い公演でした。

|

« 「新春浅草歌舞伎」(第1部)を観る | トップページ | 「江~姫たちの戦国」第2回<17日大補筆> »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「新春浅草歌舞伎」(第1部)を観る | トップページ | 「江~姫たちの戦国」第2回<17日大補筆> »