« 銕仙会一月定例能、出演者変更 | トップページ | TBS「スポーツ人間交差点~光と影」音楽に「医龍」多用中 »

2011.01.10

「銕仙会一月定例能」を観る

宝生能楽堂。

この正月は本当に運良く、先日の観世会初会に続き、この公演でも萬斎さんの
「三番叟」を拝見する事ができました。

今回は銕之丞さんが翁、清司さん改メ九郎右衛門さんが千歳、そして遼太くんが
面箱と、観世会よりは若干シニアな(笑)顔ぶれ。

面箱は緑地に鶴と梅柄の装束、千歳は緑地に全面亀甲模様に鶴柄の装束、
三番叟は黒に鶴亀、若松柄の装束で下は紅白に鶴丸模様でした。

萬斎さんの三番叟は相変わらず迫力の揉の段(今日は跳びっぷりが一際
凄かった)と、ボレロのように徐々に速く盛り上がっていく鈴の段、いずれも
迫力満点。
大鼓(今日は柿原さん。良く組まれる広忠さんよりも粘りがあって深い印象)との
ジャズセッション的なやりとりも面白く、また萬斎さんが何故かいつもより更に
大きく感じられました。

唯一びっくりしたのは鈴の段の終わりも終わり、顔の前で鈴と中啓を合わせる
ところでポンっと言う音を立てて萬斎さんの中啓が床に落ちてしまった事。

萬斎さん最後の締めを、いつもなら広げた中啓で鈴と自分の顔を隠すところを、
袖口で隠して全く何事もなかったように終わられ、これも何気なく立たれた狂言
後見の深田さん(今日は深田さん&月崎さんコンビでした)が拾われて、面を
面箱に戻している萬斎さんの横に何気なく置き、受け取った萬斎さんも何事も
なかったように中啓手にして立ち上がられ、幕に入られました。

「狂言劇場」など、「三番叟」単独公演を含めると、割に「三番叟」見ている
頻度は高い気がしますが、萬斎さんにこうしたハプニングが起きたのを見たのは
多分初めてかも。

休憩挟まずに始まった次の「嵐山〜白頭」は多分拝見したのは初めて。
吉野の桜を愛で寿ぐ、華やかで、後段には(前段も桜花は出ていたのですが)
桜枝の付いた一畳台が2台も出て3体の神様が登場し舞い踊る、お正月らしい
演目でした。
また末社として登場するアイは随分小さい面をかけて登場し、語りだけでなく、
アイとしての舞が非常に長く、竹山くん大活躍。
ただ「翁」の70分と続けて演じられるにしてはこの曲100分と長くて、ちょっと
さすがに腰にきました(苦笑)

休憩を挟んで↓に書いた通り配役変更になった「筑紫奥」
見て気づきましたが、初見でした。
内容は「佐渡狐」と同じく二人のお百姓が年貢を奏者に渡すシチュエーションで、
何故か話は笑い比べになり、最後は奏者も交えて3人で高らかに笑い止め、と
言う、こちらも正月らしいお目出度い内容でした。
百姓二人の装束は5日の国立の「佐渡狐」と同じでしたが、万作さんの長裃は
ベージュ地に全体にドット、ところどころ帯状や洲浜形に囲った中に松葉?の
ような植物の模様が散らしてある渋くて上品なものでした。

この後にもう一つ能「小鍛冶」が予定されていて、華やかだし、素人にも判り
やすい曲なので見る気満々だったのですが、全体の終了予定が17:50頃とあった
のが、この「筑紫奥」が終わった段階で既に17:10過ぎ。
17:50終了予定を見込んで18時半に夕食の予約を入れていたためこのまま
「小鍛冶」を最後まで見たらまず間に合わないので、今日はここまでの観能と
なりました。

この「翁」観能で、まさに私のお正月は終わり。
先週既に出勤はしているものの明日から本格的に仕事も始動です。

|

« 銕仙会一月定例能、出演者変更 | トップページ | TBS「スポーツ人間交差点~光と影」音楽に「医龍」多用中 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銕仙会一月定例能、出演者変更 | トップページ | TBS「スポーツ人間交差点~光と影」音楽に「医龍」多用中 »