« 「CONTROL~犯罪心理捜査」初回 | トップページ | 「Love Letters」超年齢差顔合わせ<17日補足> »

2011.01.12

訃報

あんずさまからコメントを頂いて調べてみたのですが、大変残念な本当に残念な
ニュースです。

野村万作家の主要メンバーのお一人として、その明るく飄逸さの中に柔らかい
暖かさを湛えた芸風がとても和やかだった、野村万之介さんが昨年12月25日に
肺炎で亡くなられていたことが11日の訃報に流れました。

25日と言えばまだ年末「まちがいの狂言」公演中。
確か26日千秋楽には万作さんも客席においでになっていたのをお見かけして
いただけに、尚更びっくりで、そしてその中であの喜劇をなさっていたのかと思うと
複雑な気持ちになります。
多分最後に舞台を拝見したのは、12月の「東西狂言の会」、「泣尼」の施主。
確かに足はお辛そうではありましたが、以前よりは然程でもなく、まさかそれ
から3週間足らずでそんな事になっていようとは。

確かに正月の観世会初会、そして銕仙会一月定例能は代役が立てられて
いましたがお風邪か何かかと、その復帰を昨日のここにも書いていただけに
残念というのか何とコメントして良いのか…

ご本業である狂言には勿論「鏡男」「茸」「口真似」「仁王」のシテ、また
「木六駄」や「悪太郎」伯父など、いくつも印象深い舞台はありますが、個人的
には萬斎さん演出による「敦」のうちの「名人伝」の老師&老紀昌の軽やかさと
「不射之射」の言葉が未だに忘れられません。

言葉に尽くせませんが、心よりご冥福をお祈りします。

|

« 「CONTROL~犯罪心理捜査」初回 | トップページ | 「Love Letters」超年齢差顔合わせ<17日補足> »

ニュース」カテゴリの記事

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこ様。私も万之介さんの訃報には大変驚き、ショックというか残念でなりません。万之介さんの茶目っ気ある演技や悪さしても憎めない、おとぼけなキャラなどたくさん印象深い狂言を見せていただいた事、感謝しきれません。お亡くなりになった日は私は「まちがいの狂言」を見に行っていたので、何か複雑な心境になりました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます…。

投稿: 華菜 | 2011.01.12 07:57

華菜さま
本当に「まちがい~」公演中だったんですね。
のんきに笑っていたのが何か本当に複雑な気分になりました。

投稿: かのこ | 2011.01.13 06:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「CONTROL~犯罪心理捜査」初回 | トップページ | 「Love Letters」超年齢差顔合わせ<17日補足> »