« 番組重なりすぎ!! | トップページ | やっぱり見たかった「阿古屋」 »

2011.01.03

「観世会定期能〜初会」を途中まで観る

観世能楽堂

ここ何年間か能狂言を拝見してきましたが、いつかお正月に「翁」を、萬斎さんの
「三番叟」で拝見したいしたいと思ってきました。
しかしこの手の公演はたいてい主催者サイトにひっそり載るため、私が気がつく
頃にはいつも売り切れと言う事を何度か繰り返して来ました。
それが漸く今年、遂に観世会定期能での宗家・清和師の翁、ご子息・三郎太くんの
千歳、萬斎さんの三番叟、更に裕基くんの面箱と言う、願ってもない顔合わせの
公演チケットを運よく入手。
しかも多分初めて三が日に、萬斎さんの舞台を拝見に伺いました。

見所は満席。

ロビーに「翁」の地謡と仕舞をされる予定だった野村四郎さんの休演のお知らせ。

「翁」自体、確か一昨年、矢来能楽堂で拝見して以来久しぶりで、出の順序とか
すっかり忘れていましたが、期待通り、独特の心地よい緊張と美しい動きを堪能
させて頂きました。

まずは水色地に鶴亀柄、下は白地に七宝尽?(襟元、袖口しか見えないので
判然とせず)の、まさに「ミニ萬斎さん」状態の裕基くんが、超緊張の面持ちで
面箱を捧げもって登場。
しかし、初舞台を拝見しているだけに「立派になったなぁ」などと、親戚のおば
ちゃん心理も炸裂(こちらの年も痛感しますが)

続いて清和師の翁、三郎太くんの千歳(緑地に松をあしらった装束)、そして
こちらは黒に鶴亀、裾に若松柄の素襖装束(下は朱メインの格子厚板)の
萬斎さん。
お顔がいつもより怖く見えたのは気のせいか(何しろ同じ舞台に「面箱」くんが
いるだけに?)

今回の囃子方は、小鼓頭取が源次郎さん、大鼓が広忠さん、笛が隆之さんで
太鼓が元伯さん。

舞台はまず脇柱前、手前に千歳、奥に面箱、笛柱前に清和師、シテ柱前に
萬斎さんが控えてスタート。
囃子方の後ろに地謡が並ぶのも珍しいですね。

以下、上記に書いた通り、順序を忘れていたので、簡単な感想と共に自分用の
メモ。

※ 面箱、清和師の前に面を置く
  裕基くんの動作が終わるまで誰一人動かないので緊張感最高潮でしたが、
  堂々勤められてました
 
※ 清和師、面をかけはじめる

※ 千歳の舞
  千歳の舞の動きが三番叟に似ているのを発見
  そう言えば、三番叟だけの上演時は千歳も狂言方がしますね
  (能の流儀でも違うかな?)

※ 翁の舞
  翁が立ち上がると同時に萬斎さんも立ち上がり、一度翁と向き合ってから
  後見に下がって烏帽子などを替える
  萬斎さん、烏帽子の紐結びを気にしていらした様子

※ 翁の舞が終わり、面を外した清和師と千歳退場
  翁の舞が終わるまで、手前に三郎太くん、奥に裕基くんが並んで座って
  いましたが、同じくらいの背格好だし、同じ烏帽子を付けていて二人本当に
  凛々しくかわいかったです。
  2〜30年くらい後には、三郎太くんの翁、裕基くんの三番叟が演じられるのかも。

※ 三番叟(揉の段)
  ご自身の出番となると、萬斎さんの顔が逆に柔和に。
  面箱の役目が恙無く済んだからでしょうか(笑)
  烏跳びは凄い気合いで3回
  相変わらず萬斎さんの三番叟は素敵です

※ その烏跳びのタイミングで後見が面箱に鈴、狂言後見に黒尉面を渡す

※ 三番叟、黒尉面をかける。

※ 三番叟と面箱の会話→面箱が鈴を三番叟に渡す

※ 三番叟(鈴の段)
  気のせいか、いつもより前半ゆっくりだったような気がしました。

※ 三番叟、面箱の順で退場。
  裕基くんがきりりと前を行くパパの背中を見つめて幕に入ったのが印象的でした。

やっと拝見できた正月の、それも超豪華配役の「翁」、「今年は春から縁起が
良い」かも(これは歌舞伎のセリフですが)

続けて能「鶴亀」
囃子方、地謡どうなさるのかと思ったら、地謡はそれまでの囃子方の後ろから、
通常の地謡スペースに移動、囃子方は脇鼓二人が退場しましたが、メイン4人は
そのまま舞台に残られたままスタート。

宮殿に見立てた作り物が出て、シテ以下登場。
番組にはありませんがどうやらワキにツレが2人追加になっていました。
この演目は初めて拝見しましたが、お正月らしく鶴と亀が舞うと言うお目出度い
内容。

鶴と亀の冠は古風ながら美しい細工で良いなぁと拝見していたら、鶴亀の連れ
舞の最中(意外にタイミングが「連れて」なかったりするのが逆に面白い)不意に
後見が動かれたので何だろうと思ったら、鶴の片方の翼が落ちてしまっていました。
珍しいハプニングですね。

能は鶴亀が舞い、帝も舞われたと言うだけでしたが、日本らしい美を感じました。

続いてこの日唯一の狂言「鍋八撥」

番組では万作さん、万之介さん、深田さんとありましたが、万之介さん休演で
石田さんが目代をなさいました。
「鍋八撥」と言えば羯胡売りの水車(側転)での橋掛入りが見ものの一つと、
狂言ファンならピンときますが、能メインの公演だったので、深田さんが一回
水車されただけで見所が動揺してました(笑)
しかしやはり凄いのは万作さん。
能2番の後なので、食事や化粧室行きの出入りでざわついていた見所を、途中
からはその動き、表情でぴたりと鎮めてしまわれ、最後の「数が多くなって目出
度い」のに後にはたくさんの笑いと拍手が起きていました

しかし個人的にびっくりだったのは囃子方4名。
なんと狂言では笛の隆之さんだけが演奏されるだけなのですが、皆さんほぼ
ぴくりともせず、狂言が終わるまで舞台に座られていました。
「翁」では小鼓、大鼓は椅子ではありましたが、それでも「翁」から「鍋八撥」
終わるまでトータル2時間45分座りっ放しなんて私など見所の椅子に座っていて
疲れたとか言ってるのに…です。

ここで漸く30分休憩。

申し訳ないながら万作家の出番はここまででもあり、眼目の「翁」も拝見できたし
これから新年会のため、ここで退出、失礼させていただきました。

ここまででも十分大満足の年明け最初の観能でした。

それにしても、こうした能に慣れた方がメインと思われる公演でも、それも年配の
方の中でも、演能途中の私語、ビニールのカサカサ音など、マナー違反が多いの
にはびっくりしました。
誰も注意しないのを見ると皆さんそれくらいは当たり前、慣れっこなのでしょうか

ともあれ正月らしい雰囲気を堪能させていただきました。

|

« 番組重なりすぎ!! | トップページ | やっぱり見たかった「阿古屋」 »

「能&狂言」カテゴリの記事

「野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 番組重なりすぎ!! | トップページ | やっぱり見たかった「阿古屋」 »