« 「シアター!」舞台化 | トップページ | 木俣冬「挑戦者たち」(キネマ旬報社刊) »

2011.02.13

「横浜能楽堂企画公演〜能・狂言に潜む中世人の精神〈第3回〜仏教〉を観る

横浜能楽堂。

入口直ぐに配役変更のお知らせ。
正月の時は「都合により…」だったのですが、今回ははっきり「万之介師逝去に
つき」と書かれていて、改めて寂しさを感じました。
万之介師の演じられる予定だったのは「博奕十王」の鉄杖鬼。
「一の目」に拘る閻魔さんに「いやいやたまには別の目を」と進言する(進言
しては閻魔さんに叱られるんですが)万之介さんの飄々とした鉄杖鬼のお姿を
思い出しました

今回、鉄杖鬼は高野さんでした。

最初にまず、能に関わりの深い仏教関係者と言う事で、世阿弥のパトロンだった
足利義満が造営した金閣寺を含む鹿苑寺、慈照寺、そして若冲の「動植綵絵」
里帰り展が行われた事で記憶に新しい承天閣美術館のある相國寺の管長氏のお話。
お坊様なのでお話は立て板に水でしたが、余り立て板過ぎて却って固有名詞が
さっぱり(笑)
京都の寺社仏閣の詳細は勿論、仏教用語や歴史に殊更詳しい訳ではないので、
年号やら寺の名前やら次々言われてもちんぷんかんぷん。
聞き返す間もなく先に行かれてしまい、後半は殆ど従いて行けず…
ともあれ、後小松帝がわざわざ義満邸(北山第)に行幸して能を見た事が、その
後の能の発展に大きく寄与したと言うお話でした。(端折り過ぎ?)

しかし何についてお話しされるかもなしにいきなり始まり、最後の2〜3分で
さらりとこれから上演の演目について語られ、それできっちり時間通りに終わる
ところは流石プロ、でした。

続いて狂言「博奕十王」
萬斎さんの博奕打ちに、深田さんの閻魔さま(初めてかも)。
いつものようにまんまと賽子賭博をしおおせて、「生きてた頃よりよほど幸せ」
とホクホク顔。
挙句閻魔に極楽への入り口まで送ってもらい、幕に入る直前、ぽ〜んと賽を上に
放り投げて自分でキャッチして得意顔、には毎度ながら笑わせて頂きました。

本当は相國寺の管長さんには中世の人たちにとって、閻魔さんの怖さはどれくらい
リアルだったのか、とかお聞きしたかったんですが…

休憩を挟んで能「江口」
毎度能は眠気との戦いなのですが、今回は殆ど記憶がないくらいの爆睡、いや
昏睡レベルで(恥)、何も書ける事はありません。
全くそろそろ能は行かないとか諦めるべきなのかも

|

« 「シアター!」舞台化 | トップページ | 木俣冬「挑戦者たち」(キネマ旬報社刊) »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「シアター!」舞台化 | トップページ | 木俣冬「挑戦者たち」(キネマ旬報社刊) »