« 【敢えての日常ネタ3】芸術選奨 文科大臣賞発表 | トップページ | 地震27(5日目-3)地震慣れと地震酔い。 »

2011.03.15

地震26(5日目-2) 石原さん発言記事

地震26(5日目-2)
石原都知事がこんな発言をしたとか。15日の読売新聞朝刊に出ました。

途中にいろいろ思考過程があっての発言だと思いますが、最終的に出てくる
言葉の選び方が「文学者」の割に雑だと思います。

流石にマズいと思われたようで、後に撤回、謝罪したとの事。
政治に携わる以上、もう少し発言(とそれがどう取り上げられるか)には
慎重になるべき。

|

« 【敢えての日常ネタ3】芸術選奨 文科大臣賞発表 | トップページ | 地震27(5日目-3)地震慣れと地震酔い。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

地震」カテゴリの記事

コメント

被災地の方はいうまでもなく、日本人全部が今回の大震災でダメージを受けています。でも、東日本の被害が大きい分、西日本ががんばらなくては。

石原都知事の発言は全部を聞けば、新聞がつまみ食いしたようなニュアンスではありませんでした。かのこさまのご指摘のように言葉の選び方が雑、だと思いますが、わざとねじ曲げるような報道姿勢のほうが、私は気になりました。

投稿: あんず | 2011.03.15 21:02

あんずさま
そうですね。冷静に見ればおっしゃる通りかも。
ただ、こういう時期に、実際はご本人も当事者なはずなのに、傍観者というか、上から見ている感じが強いのが、個人的にはどうしてもダメです。

投稿: かのこ | 2011.03.15 23:22

かのこさまのお気持ちもよく分かります。
日本全体が大きなストレス下にあるので、みんなナーバスになってますもんね。
そこのところをもっと彼の人は考えるべきですね。
お怒りはごもっともです。

梅覗軒ブログ、というのを見つけました。
元気づけられました。
よければご覧になってください。

いっしょに頑張りましょう。

投稿: あんず | 2011.03.16 06:28

あんずさま
しかしテレビを見ていても今や求められるのは、何がどこでどうすれば手に入れられるか、という情報ではないかと。
確かに原発のしかけを知ることも大切かもしれませんが。
理想論や批判は何も生みませんね。
学者先生の解説よりとりあえず当事者の目線に立っての情報提供をマスコミは先頭だってやるべきかと思えてなりません。

投稿: かのこ | 2011.03.16 09:49

わたしもそう思います。
原発のしくみより、放射線物質からの身の守り方とかを先に教えてほしいです。
テレビ局のあれだけの人数、ヘリコプター使って物資を運んで救援活動すればいいのに、と思います。

だいたい節電をテレビで訴えるより、放送はNHKに任せて民放を止めたほうが効果あるんじゃないかと思います。

投稿: あんず | 2011.03.16 13:22

あんずさま
停電地区に行って「我々がライトを消すとこんなに暗い」と言ってるレポーターに腹が立ちます
だったら、放送しないで、ずっとライトだけ点けておいてあげたらどうだろうとか。
放送については、確かにNHKの報道は冷静ですが、計画停電の情報は民放の方がずっと早く地区の発表を放送しましたし、機動力の違いと思いますが、NHKは昨日の静岡の地震の報道はほとんどなかったように思いますのでそのあたりは一元化もちょっと不安もあります。

投稿: かのこ | 2011.03.16 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【敢えての日常ネタ3】芸術選奨 文科大臣賞発表 | トップページ | 地震27(5日目-3)地震慣れと地震酔い。 »