« 週刊新潮の「江」批判記事 | トップページ | 5月のPARCO劇場は稲垣くん&白石さん »

2011.03.10

「えんぶちゃーと」発表(12日大幅増補)

いや〜びっくりしました。

およそ世間の言う「流行」や「人気」とはかけ離れた独自路線を行っていると
思っていた「演劇ぶっく」恒例の「えんぶちゃーと」、確かに1位が小林賢太郎
さんと言うのは他のランキングには出ない結果と思いますが、何と、
長谷川博己くんが昨年の38位からいきなりベスト10入り(10位)。

舞台は2本(「ヘンリー六世」と「黴菌」)だった事を考えると、やはりテレビの
影響を否定するのは難しいでしょう。
特別インタビューも掲載されていたので、ご祝儀な気分もあって購入。

ちなみに作品1位はやっぱりキャラメルボックス強し。
えんぶちゃーとに関しては例年いくつかの例外を除いて殆どの作品を見ておらず、
挙がる役者さんを知らないので、ランキングの中から贔屓の役者さんと見た作品を
探すのが結構大変なんですが、今回は本当にびっくりしました。

ちなみに。
俳優2位は上川さん、3位は古田さん、4位は天海さん、5位は阿部サダヲさん
堤さんは19位、高橋一生くんが29位、大竹さん35位、筧さんが37位
橋本さとしさん41位、北村くん49位、寺島さん50位、藤原くん52位、秋山さん56位、
萬斎さん57位、チョウソンハさん58位、内野さん59位、野田さん61位、佐々木
蔵之介さん65位、市川亀治郎さん71位、鋼太郎さん74位、今井朋彦さん84位

勝村さんや浅野さんが167位グループだったりするのがどうも解せません。

作品の方は
薔薇とサムライが3位、ヘンリー6世が5位、血は立ったまま眠っているが6位
ザ・キャラクターが7位、K2が9位、エリザベートが17位、じゃじゃ馬ならしが
22位、叔母との旅が35位、エネミイ40位、ムサシ42位、広島に原爆を落とす日
46位、黙阿弥オペラ58位、ファウストの悲劇が63位、といった感じです。

|

« 週刊新潮の「江」批判記事 | トップページ | 5月のPARCO劇場は稲垣くん&白石さん »

「内野聖陽」カテゴリの記事

橋本さとし」カテゴリの記事

「歌舞伎」カテゴリの記事

「筧利夫」カテゴリの記事

「舞台一般」カテゴリの記事

「蜷川さんの舞台関連」カテゴリの記事

「野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週刊新潮の「江」批判記事 | トップページ | 5月のPARCO劇場は稲垣くん&白石さん »