« 地震49(10日目-4) ガソリン買い占めないで。の広告 | トップページ | 筧さんのサッポロビールCM、始まっているんですね。 »

2011.03.20

「江」再開

いよいよ賤ヶ岳の戦い前夜。
相変わらず録画早送りをしてバババ〜っと見ましたが、今回から三成役で萩原
聖人さんが登場。
とりあえず変な三つ編みとかしてなくて良かった(毒)
秀吉の使者でありながら、浅井にシンパシーを抱いていた三成。
これが今後、特に秀吉死後の何らかの布石になるか、いや、この脚本家だと
ならないかもなぁ(笑)

|

« 地震49(10日目-4) ガソリン買い占めないで。の広告 | トップページ | 筧さんのサッポロビールCM、始まっているんですね。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

かのこさま

あいかわらずの『江』でしたね。
ホームドラマとしては泣かせる脚本でしたが、あいかわらず史実無視、というか、前田利家が全く出てこない賤ヶ岳、って…。
一番違和感を覚えたのは、お市の方の「切腹」。
ふつうは頸動脈を切ると思うのですが。時代考証、ほんとにしてるんですかね。
それと、秀吉の場面が、どうしてああもコメディに見えてしまうのか。

こんなふうに突っ込んでいたら、震災で緊張しっぱなしの神経が少し緩んでいるのに気づきました。

思いもよらない効用があったみたいです。
別の意味で今回は脚本家に感謝です。

投稿: あんず | 2011.03.21 08:26

あんずさま
本当にそういいながら見てますよね~お互いに(^^ゞ
それにしても大地さんてこんな良い俳優さんだった
んだ~と。
脚本のだめだめさを役者が必死にカバーしている
気がします
それでもフォローしきれないのが岸谷秀吉。あれは
役者をしてもダメなのだから他の人だったらもっと
ですよねえ。多分。

投稿: かのこ | 2011.03.21 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地震49(10日目-4) ガソリン買い占めないで。の広告 | トップページ | 筧さんのサッポロビールCM、始まっているんですね。 »