« 4月クールのドラマはキャストに注目(私の場合はたいていそう、ですが) | トップページ | 週刊新潮の「江」批判記事 »

2011.03.09

「相棒season9」最終回

最後に小野田官房長の「遺言」、さらにはseason8までが絡み凝った作り。
しかし個人的には何より、本多と共に「赤いカナリア」の幹部だった鮎川役で
出ていたのが、何とかつて「中学生日記」などで活躍していた二枚目俳優の
岡本富士太さんだったとエンドクレジットで判りびっくりしました。
言われてもう一度映像を見たら確かにそうでした。
古谷さん共々、いい感じに年を重ねられていました。

それにしても「相棒」ってどこまで強力なコンテンツでしょうか。
話が飛躍しすぎて訳判らなくなっても、右京さんがにっこりすると、なんだか
大丈夫な気がしてきます。

|

« 4月クールのドラマはキャストに注目(私の場合はたいていそう、ですが) | トップページ | 週刊新潮の「江」批判記事 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月クールのドラマはキャストに注目(私の場合はたいていそう、ですが) | トップページ | 週刊新潮の「江」批判記事 »