« 「東西狂言の会」を観る | トップページ | ドトールのミラノサンド、提供方法がマイナーチェンジ。 »

2011.09.24

21日、国立能楽堂も公演強行したそうで。

ネットで感想等を検索してみましたが、これも「神秘域」同様、
強気の「公演強行」、最初は払い戻ししないという姿勢だったそうですが
最終的には公演は実施しつつ、払い戻しに応じることになったそうです
国立能楽堂サイトに詳細)

公演実施しつつ払い戻しに応じたというのは、震災の時にいくつかの
劇場でも行っていましたし、数年前、すごい台風が来たときに、劇団
四季が対応していて助かったという経験もあります。

神奈川芸術劇場は現時点でも払い戻し方法の詳細をネットにアップしておらず
その意味では国立能楽堂のほうが親切ですが、神奈川芸術劇場も
国立能楽堂も「実施」「中止」の判断の基準がよくわかりません

というのも、神奈川は震災の時にほとんど理由説明せずに主催公演を
かなり中止した「実績」があったので、今回も中止かと思ったら今回は
強行だったのでちょっと意外だったのです

「帰宅難民」問題もですが、こうした公演類も何か「開始2時間前時点で
最寄り交通機関が運転見合わせだったら中止」とか「風速何メートル
以上だったら開催しても払い戻す」とか一定のルールというのを
作るわけにはいかないものなんでしょうかねえ・・・・

|

« 「東西狂言の会」を観る | トップページ | ドトールのミラノサンド、提供方法がマイナーチェンジ。 »

能&狂言」カテゴリの記事

コメント

私もかのこ様の意見に同意見でございます。やっぱり、台風とか予め暴風域に入る時間帯が分かっているものは、開演2時間ぐらいまでには「公演実施」「公演中止」「公演実施で払い戻し可」とか決めていただきたいですね。今回は、確かに行きは雨風ともにすごかったですが、何とか会場入り出来て、帰宅時間にはJRや東急東横も動いていて結果的には良かったものの…。私がKAATに問い合わせた時は「公演実施しますけど、それが何か?」という感じの対応だったので、ちょっとイラっとしました。公演をしてお客様を楽しませるのが役目であっても、お客様が無事に来れて帰れるっていうのが一番大切なんじゃないのかと思うんですが。それに、大沢たかおさんの朗読劇も野外で「雨天決行・荒天中止」と決まってますが、雨天と荒天の境目が分かりません。屋外・野外関係なく2時間ぐらい前には決定するのがお客への礼儀かと思うんですけどね~。(長文ですみません)

投稿: 華菜 | 2011.09.24 22:26

華菜さま
KAAT、私が問い合わせした時も「やりますよ。それが何か?」モードでした(笑)
それに会場でも特に交通機関についての案内がなく、どうせ下が放送局なんですから、終了した時点でロビーとかに「交通機関の現在の状況」くらい掲出してくれて
おいても良かった気はします。
無理を押してきた客に対してそれくらいは気遣ってもらっても良かったんじゃないかと。

投稿: かのこ | 2011.09.25 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「東西狂言の会」を観る | トップページ | ドトールのミラノサンド、提供方法がマイナーチェンジ。 »