« 後ろの老松が気になって。 | トップページ | 萬斎さん@HONDAのCM、捕獲状況(笑) »

2011.09.02

「野村狂言座」を観る

宝生能楽堂。
どうも前日の「奇ッ怪」から体調がイマイチで、この公演も、楽しみだった
最後の「馬口労」あたりは舞台に集中できず、ちゃんと見られず残念だったので
すが、今朝起きたら数年ぶりの思わぬ高熱。
頭痛に関節痛で寝てもいられず状態でダウンとなりました。

ま、ともあれ久しぶりの「狂言座」、今日だったらまず体調的にも台風的にも
無理だったので見られて良かったです。

まずは萬斎さん&石田さんの「不聞不見」
主な登場人物が盲目の菊市と難聴の太郎冠者と言う事情でなかなかかからない

だとか。主催公演ならではの演目と言えます。
障がいを障がいと思わない登場人物たちのパワフルさが眼目でしたが、個人的
には、立衆や後見が殆どだった岡くんの「主」デビュー(私が見た範囲で)が
印象的でした。


続いて万作さん高野さんで「因幡堂」

申し妻をする「釣針」と相手が本人と知らずに悪口言いまくる「花子」の良い
とこ取りをした感じの曲で、余り見た記憶がありませんでしたが、高野さんと
言えば「最強妻」が絶品(笑)
「夫はぬけぬけと因幡堂に申し妻に行ったらしい」と登場早々キレてるあたりから
もう楽しくてたまりません。
当然のように夫は妻の「策略」にはまり、最後にしっぺ返しを喰らうのが最高に
面白かったです。

休憩を挟んで万作さんと裕基くんの「舟ふな」
主より頭が良い太郎冠者を裕基くんが通る声で演じていましたが、裕基くん、
どうやらパパ同様、小賢しいキャラがもうお似合い(超誉め言葉)
背丈も万作さんの肩あたりまで伸び、袴も長く、大人用の(多分)舞扇と、
そろそろ「子方」からは卒業でしょうか。
声変わりが始まると暫く大変みたいですが。

この曲、あまり万作家では見ませんが、前に万之介さんの主の時は茫洋として
細かい事にあまりこだわらない主と言う感じでしたが、万作さんがされると、
「どうしても太郎冠者には負けたくない」と言う感じがして、最後の「主には
負けるものじゃ」という台詞の印象が全然違って興味深かったです。

素囃子「盤渉楽」を挟んで最後が「馬口労」

「人間が利根になって地獄の飢饉はなはだし」と罪人ハンティングに登場した
閻魔さまが罪人に逆にまんまとしてやられる話は「博打十王」などありますが、
これは更に閻魔さんボコボコにされると言う、かなりお気の毒な話で、「止動
方角」以上に人馬の動きが合っているのが求められそうですが、どうも萬斎さん
罪人、かなりやりたい放題だったような(笑)
体調が良かったらもう少しちゃんと観察できた筈で本当に残念でした。
2日目はいかがだったんでしょうね。

|

« 後ろの老松が気になって。 | トップページ | 萬斎さん@HONDAのCM、捕獲状況(笑) »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 後ろの老松が気になって。 | トップページ | 萬斎さん@HONDAのCM、捕獲状況(笑) »