« 一応はやってみましたが。 | トップページ | 21日、国立能楽堂も公演強行したそうで。 »

2011.09.23

「東西狂言の会」を観る

三鷹市公会堂。

例年恒例の万作家&茂山家合同公演。
今回茂山家からはあきらさんと童司さんが出演。
千作さん、若しくはその三人のご子息のどなたもご出演にならないと言うのは
非常に珍しいことかも。

解説は萬斎さん。
今回茂山家がなさった「鐘の音」についても、基本私などが見慣れた万作家の
ものをベースに説明されていましたが、観て判りましたが(だからわざわざ選んだ
のかも知れませんが)、茂山家の「鐘の音」は万作家のそれと随分違っていて
びっくりしました。

まずは万作さん&石田さんの「鉄板コンビ」による「昆布売」
この曲は「やってみ」と昆布の売り方を教える昆布売役が大抵キャリア的に大名
役より若いので、らしく見せるのが難しい、と前に聞いた事がありますが、今回は
万作さん大名に対して石田さん昆布売ですから、そんな心配全くなし。
若い演者さんだと、時折薄っぺらな感じになりがちな曲を非常に面白く拝見しました。

続いてが茂山家の「鐘の音」
童司くんは随分久しぶりに拝見しましたが、当たり前ですが、貫禄つきましたね。
しかし茂山家版「鐘の音」は凄い(笑)
叩こうにも撞木がないから石をぶつけてしまおう、とか山の上の鐘は寺の僧が鐘く
のを聞いて済ます「手抜き」っぷり。
しかも帰って「price of gold」ではなく「sounds of bells」を調べてきたと胸を張る
太郎冠者と怒る主の間に「仲裁人」まで登場し…(すいません、このあたりで
記憶切れました)
シンプルに4つの鐘の音の擬音表現の違いを楽しみ、「かねのね」のダブル
ミーニングの取り違えを楽しむ万作家の「鐘の音」に馴染んでいると、こう言う
「変化球」にはなかなかついていけません(苦笑)

休憩中に次の「茸」が面をかけ、大人数が舞台を行き来するので、ホール用の
つるんとした能舞台の四隅に結構太い柱が据えられました。

そして万作家の「茸」
高野さんの何某に萬斎さんの山伏。
イタズラを仕掛ける茸の笠を山伏が数珠で払うのですが、笠が新品だか、天気が
良くて張りがよほど良かったのか、<数珠ストレート>がパシパシと笠にジャスト
ミートして乾いた音が立ち、客席から笑いが起きるほどでした。
最後はお約束、石田さん「鬼茸」がシュルシュルと登場、「あなたが来たら余計
茸が増えたわ、頼まなければ良かった」と何某の信用は失うわ、茸には追い込ま
れるわ、良いこと全然ないまま山伏面目丸潰れでのひっこみ。
判ってはいるけど笑わずにはいられない、しかし自然は人間の思うようにはなら
ないのを渋くあぶり出す実に良く出来た曲だと思いました。

|

« 一応はやってみましたが。 | トップページ | 21日、国立能楽堂も公演強行したそうで。 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一応はやってみましたが。 | トップページ | 21日、国立能楽堂も公演強行したそうで。 »