« 簡単に影響されて昼は「サブウェイ」に | トップページ | 「新宿狂言」(最終日)を観る »

2011.10.23

「新宿狂言」(初日後半)を観る

残業で解説&「川上」を逃し、後半から。
客席の入口に「座席の笠は解説で説明するので捨てない」と貼り紙があり、?と
思って着席すると確かに円盤状の丈夫そうな紙がリーフレットと一緒に置いて
あったので、おそるおそるお隣の方に「これは?」とお尋ねしたら「『茸』で使う
ので組み立てておくみたい」とご説明頂く。
見回すと同じような小さい紙の笠を被ったカメラが客席を向いていて、これは
何かあるな、と思っていたら案の定(笑)でした。

後半はその「茸」
背後のスクリーンに「いよいよ笠を使います。いつでも被れるようにしておいてね」
「みんなもこのステージの登場人物の一人」
「字幕の言う通りにしてね笠をかぶる用意は良いですか」
と次々あって、石田さん山伏が祈ると天井のスポットライトがぐるぐる回り、
字幕には「10月生まれの人、笠をかぶって下さい」

次の祈りでは天井から吊るされた白の蛇の目傘が降りてきて(天王洲アイルで
やっていた「電光掲示」の「茸」でも蛇の目出てきたな〜と思っていたら、ポスト
トークでまさにあの「電光掲示」版で使った蛇の目の再利用だったと判明)、
「みんなでやれば怖くない」と字幕が出て全員笠を被ることに。
ステージ脇にあった小型カメラは全員が笠を被ったところで客席を写してスク
リーンに投影、まさに劇場中が茸だらけに(笑)
萬斎さん演じる鬼茸が蛍光色傘を握って登場し最大の山場に(笑)なると、字幕
には「笠投げ厳禁」なんて出たり、最後には「ご協力感謝」なんてのも出ていま
した。

ラストには映画よろしく、演目、出演者、スタッフなどクレジットが流れました
(映像には日本大学芸術学部が協力されていたようです)

クレジットが流れる間に舞台上にはトーク用の椅子が手際よく並べられ、司会の
スペースゼロ支配人さんと美術担当の方が登場
(初日ゲストには、小美濃さんお名前もあったのですが、多分違う方?)

以下トークは別項で。

|

« 簡単に影響されて昼は「サブウェイ」に | トップページ | 「新宿狂言」(最終日)を観る »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 簡単に影響されて昼は「サブウェイ」に | トップページ | 「新宿狂言」(最終日)を観る »