« 「新宿狂言」(初日後半)を観る | トップページ | 「塚原卜伝」(第4回)を見る »

2011.10.23

「新宿狂言」(最終日)を観る

丸一日家で薬飲んで寝て暮らし、何とか2時間ホール客席に座っていられそうに
なったので新宿へ。

最終日は「川上」が万作師&石田師に、「茸」の山伏が萬斎師、鬼茸に石田師の
配役に。
深田さんの解説を聞いたのは随分久しぶりでした。

「川上」はやはりこの組み合わせが今は磐石無敵な気がしました。
夫が晴眼になるのは喜ばしいけれど、それで別れるなら、盲目のままでokと思う
妻の心情は十分理解できるのですが、しかし妻が夫のために身を引く事と、夫が
妻をおもいやって自分だけが幸せになる事を犠牲にする事と、一体「川上の地蔵
さま」は夫婦のどちらをより試したのか毎回不思議な気がします
最後に「そうか」と夫は妻に手を託すのを、妻の深い愛情を痛感してか、半分は
諦めなのか、演者、こちらの気分によって見え方が違い、今回はベテランお二人
でしたので何となく「そう言えば妻は頼りになる」と思い当たっての達観な感じに
見えましたが、真正面に入っていく演出で二人の背中が最後まで完全に見えてい
たためなのか、夫の背中がやけに小さく見えた気がしました。

休憩挟んでの「茸」、字幕の字に大小がついたり、茸イラストが出たりと、初日
より僅かにバージョンアップ(笑)
今回「全員」の前は「血液型A型の人」で、初日の「10月生まれ」よりは当然
ながら笠被り率は高かったです。

トークはゲストは野田先生。
初日に比べ「鏡冠者」の部分が長かったですが、見せた映像は初日と同じでした。
個人的には「鏡冠者」以降分の映像も見てみたかったですが、初日も今日も
最近の映像が紹介されなかったのがちょっと残念でした。
(準備あったのに時間切れか、元々そのあたりまでしか映像がなかったのか)

初日は美術面の裏話で盛り上がりましたが、今回は野田先生による見事な
フォローのおかげで、「月見座頭」「鏡冠者」など狂言が能楽堂を飛び出した
時に生まれた効果や、電光掲示が「敦」の「矢矢矢矢矢矢」などの漢字遊びに
繋がったなど長く萬斎さんワークをある程度の距離を持って見続けていらっ
しゃる野田先生ならではの客観的分析がとても説得力がありました。

「中締め」と言いながらまだホール狂言には意欲満々と見えた萬斎さん、昨日の
ゲストでかつてアートスフィアで電光掲示狂言を立ち上げた方が今神奈川芸術
劇場にいらっしゃるそうなので、そのあたりかな〜と呟きつつ、既に次世代に
バトンを託した気配も。
それはテクノロジーはどんどん進化しますので、裕基くんや遼太くんあたりが
企画する頃には、今より更に進むであろう携帯端末を使ったり、思いもかけない
最新技術と変わらない古典の新しいコラボレーションが期待したいです。

|

« 「新宿狂言」(初日後半)を観る | トップページ | 「塚原卜伝」(第4回)を見る »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「新宿狂言」(初日後半)を観る | トップページ | 「塚原卜伝」(第4回)を見る »