« また病院通いが始まりそう(嘆) | トップページ | 「国立能楽堂企画公演〜狂言の会」を観る »

2011.11.26

「第8回大手町座 能と狂言 和楽の世界」を観る

大手町・日経ホール。
同じ演目を配役/演出を多少変えての昼夜公演で、梅若玄祥&紀彰の叔父甥、
亀井忠雄&広忠親子、そして野村万作&萬斎親子の3組の師弟の競演の趣向。

まずは昼。
舞囃子「景清」
普通、舞囃子では上演しないそうですが、今回は、続いて上演の狂言小舞「景清」
との比較のためのスペシャルバージョン。
殆どが座っての語りで、昼のシテは梅若紀彰さん。

続いてが狂言小舞「景清」でこちらは萬斎さんシテで、舞囃子と対称的に、飛んで
走って素晴らしい迫力。紫の紋付きが色気ありました(単なる贔屓)

続いて「半能(袴能)〜頼政」
シテは梅若玄祥さん。
袴能と言う事で直面だし、装束お付けでないので、更に豊かになられたような
お姿が顕で、ちょっと亡霊には見えにくいかもなぁなどと失礼な事を思いながら
拝見してました(ホントに失礼)。

休憩を挟んで能楽素囃子。
終演後に曲目が「鞨鼓→獅子」と発表されました。

最後が万作さんによる「袴狂言〜通円」
確か9月の「ござる45th」も幕開きはこの曲でした。
袴狂言、となっていたので万作さんも紋付き袴かと思っていたのですが、万作
さんは茶人らしい羽織に狂言袴、中には灰色の着付け姿。
「頼政」と「通円」続けて上演するからには、詞章の印刷物があれば、いかに
「通円」が「頼政」の詞章をパロディ化しているか、目で追え断然面白いと思う
のですが、何もなくてちょっと残念でしたが、こう言う公演にいらっしゃる方は
そう言う私のような初心者はいらっしゃらないのかなぁ…

夜の部は、昼の部同様、舞囃子「景清」
今度は玄祥さんがシテ。
席が昼より前寄りだった事もありますが、語っていらっしゃるだけなのに凄い
迫力でした。

続いて万作さんによる小舞「景清」
昼の萬斎さんのは100%アクティブな、身体性の高さで見せるものでしたが、
万作さんはまるで違って、重厚な雰囲気。
三尾谷と錣を引き合うところが萬斎さんのはダンス的な振り付け風だったの
ですが、万作さんのは冑を引く手に力がこもり、引っ張られた錣にもぐっと重みが
ありました。

夜は昼と上演順が違い、次に能楽素囃子。
曲はメモしたのに紛失…

ここで休憩を挟み、夜は「頼政」「通円」を続けて上演。
昼はどちらも「師」による「袴」スタイルでしたが、夜は「弟」による「装束」スタイル。
「頼政」は装束(特に軍装の頭巾)や「頼政」面と呼ばれる面が独特で印象に
残りました。(かなり若い感じの亡霊でした)

最後が萬斎さんの狂言「通円」
こちらも通常の形式での上演でワキの深田さん、アイの岡さんも装束。
萬斎さんの装束も抹茶色メイン、地謡メンバーの袴も抹茶色と揃っていたのは
お洒落。
萬斎さんの通円は、昼の「景清」同様、動きに表情がありパントマイム的な面白
さも。
しかもラスト前、団扇を持っての舞の終わり、団扇をバッとかなり高く投げあげ
ながら自身も凄い勢いの跳び返りが出てびっくり。
体操競技風に言うと、
〔難度C級〕「団扇二回転半捻り付き跳び返り」、な感じでしょうか(笑)
しかし目の前でブハっと団扇がとんでもビクともしない囃子方も凄いです。
アイの岡くん、最近主(あるじ)の役や能のアイでの出演も増えていますが、
声も姿勢も良くて良いです。

昼を見ていたので、夜の部との違いがとても良く判りました。
上演方式の違いもありましたが、それ以上にシテ方、狂言方、囃子方それぞれ
師弟として芸を継承している同士が同じ演目を演じているにも拘わらず、演者の
キャラクター、年齢による違いが明確に出た事がはっきり理解できたのは、興味
深かったですし、囃子方に一噌幸弘さんも出演されており、久しぶりに「能楽
現在形」同人三人が勢揃いしたのも拝見できて良かったです。

|

« また病院通いが始まりそう(嘆) | トップページ | 「国立能楽堂企画公演〜狂言の会」を観る »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこ様
昼夜と観に行きました。
夜の能楽素囃子「下り端より盤渉楽」となっていました。
演者によって受ける印象が、ずいぶん違うなあと楽しく拝見しました。
萬斎さんの団扇投げ、囃子方の目の前に落ちたのには驚きました。
萬斎さんが激しい?分、万作さんは静かな味わいがあったなと思いました。

投稿: しさぎ | 2011.11.27 10:28

かのこさん、こんにちは。

夜の素囃子の曲は
「下り端より 盤渉楽」
でした。

やはり昼、夜の両方をご覧になって
違いがよくわかるのですね。
プログラムを見たときにそう思ったのですが
両方は無理で、夜だけでした…

投稿: susie | 2011.11.27 17:02

しさぎさま
susieさま

曲名ありがとうございました!

投稿: かのこ | 2011.11.28 06:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« また病院通いが始まりそう(嘆) | トップページ | 「国立能楽堂企画公演〜狂言の会」を観る »