« ソフトバンク逆王手! | トップページ | 浅野和之さん@「ドクターズ〜最高の名医」 »

2011.11.19

抱腹絶倒爆笑新世代の「宗論」を観る

「釣狐」「靭猿」は別格として、「三番叟」は勿論、萬斎さんが笛を吹かれる
「吹取」、アクロバティックな「越後聟」など、萬斎さんがなさると聞けば、
出来れば見逃したくないがいくつかあります。
中でも登場人物全員に明確な個性がある「武悪」、組み合わせと配役と上演
環境などで面白度が毎回必ず違う「昆布売」、そして二人の技量の差があると
まず間違いなく面白くなくなる(苦笑)「宗論」は同じ演目を繰り返し観る面白さが
実感できる興味深い演目たちです。

今回は萬斎さんの浄土僧、三宅右近家の高澤佑介師の法華僧と言う、珍しい同流
他家の組み合わせによる「宗論」が国立能楽堂主催公演で演じられるとあって、
楽しみに伺いました。
違う宗派の二人を違う家の方が演じると、より違いが際立ち、また通常の師弟
関係と違う、対等な関係性の中での共演は新鮮な緊張感とテンションがあって
それはそれは面白い「宗論」となりました。

萬斎さんは法華僧を何回か拝見してた気がしますが、ちょっと小意地悪い浄土僧が
抜群。
対する高澤師も多分年齢が萬斎さんとお近いようで、声量も身体能力も拮抗。
更にいつもは聞き流すセリフも今回は国立能楽堂主催と言う事で字幕表示システムが
動いていたので仏教用語や固有名詞、特殊な言い回しなどがリアルタイムで確認
できたので面白さも倍増。
特に法華僧が「五十展転随喜の功徳」(五十人まで伝えても受ける功徳は大きい)
を「ずいき(1株から50株ほどてんでに芽を出す)を食えば、うまくて涙が出る)」と
珍解釈し、浄土僧も偉そうに言いながら「一念弥陀仏即滅無量罪」を「無量の菜
(食事にもおかずがなくても、これを念ずれば、たとえ焼塩一品でもすばらしい
おかずに思える)」と珍解釈する(つまり解ってない)あたりは文字と耳を同時に
働かせて見られてよりおもしろくなりました。

とにかく面白いのは判っていた曲でしたが、今回ほど底抜けに笑えた「宗論」は
初めてで、これは新世代バージョンでしょう。拝見できて良かったです。

次の能「通小町」は申し訳ないですが拝見せずに失礼させて頂きました。

そういえば、この文字情報システム、「法華僧が浄土僧を」とすべきところを
「法華僧が法華僧を」になっていましたねえ。

|

« ソフトバンク逆王手! | トップページ | 浅野和之さん@「ドクターズ〜最高の名医」 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソフトバンク逆王手! | トップページ | 浅野和之さん@「ドクターズ〜最高の名医」 »