« 萬斎さん演出版「サド侯爵夫人」チラシをコンプリート | トップページ | 「みんな我が子」を観る »

2011.12.04

「狂言劇場その七」(Aプログラム/2回目)を観る

世田谷パブリックシアター劇場会員限定公演

「ボレロ」のカーテンコールにブラボーが飛びました(笑)
装束は初日と同じ直衣でしたが、下に重ねた装束が、白から金色の二重菱の擦箔に

小舞「七つ子」は高野さん、「暁」は月崎さんで、「鮒」は万作さん。

「棒縛」は萬斎さん太郎冠者、石田さんの次郎冠者、深田さんは全組み合わせで
主。
本当に久しぶりに萬斎さんの「棒縛」を拝見しましたが、やっぱり名曲。
まあ、あの間は初日の万作さんのと比べると、確かにあざといですけどね(苦笑)

「ボレロ」は細かいところは違うかも知れませんが、ほぼ初日に見たのと同じ
流れで、左袖を右手で三角形に形づくって伸ばすのは何の象徴なのか、どうやら
後のトークから類推すると秋の収穫、でしょうか。

ネットのレビューを読むと具体的過ぎるとか、あれこれご意見あるようですし
どうしてもベジャールのからイメージ逃れられない、比較されてしまうのは
この曲についてはフォロワーの宿命でしょう。
更に目が肥え、高みを求める萬斎さんのファンの方たちには、狂言師の身体と
クラシック音楽の融合がここまで初演で違和感がない、と言う事の凄さを、萬斎
さんだからある程度は当たり前と看過しているのではと思わずにはいられません。

「ボレロ」のあと20分休憩を挟んで「サド侯爵夫人」ペアチケットが10名に当たる
抽選会

「棒縛」「ボレロ」と体力使いまくった萬斎さんをまた抽選者として登壇、トーク
までさせるとは、世田谷パブリックシアター劇場会員公演実行委員長と言う方が
ご自身で「人遣いの荒い劇場で」と仰ってましたが、まさにその通り(笑)

結局抽選会15分、萬斎さんトークは35分間、質疑応答までなさって超時間
オーバー(ご本人談)し、終了は21:30となりました。

トークについては気力があれば別項に

|

« 萬斎さん演出版「サド侯爵夫人」チラシをコンプリート | トップページ | 「みんな我が子」を観る »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 萬斎さん演出版「サド侯爵夫人」チラシをコンプリート | トップページ | 「みんな我が子」を観る »