« 日本経済新聞の今年のパフォーマンスの収穫、舞踊部門に「解体新書」ランクイン | トップページ | DAIKANYAMA T-SITE にハマる »

2011.12.29

「殿様も犬も旅した広重〜東海道五拾三次展」を見る

「殿様も犬も旅した広重〜東海道五拾三次展」を見る

サントリー美術館

有名な「保永堂版」とその「版がわり」、更にはヒットに気を良くしての第2弾
「隷書版」を並べての展示。
絵は見慣れたものですが、解説アイテムをモノクロコピーに記入したものを脇に
添えてもあり、非常に判りやすい展示でした。

特に「四日市」での抜け参りや犬の代参、他のいくつかの作品での大名行列の
説明などは今回非常に勉強になりました。

また、浜松の解説のところに「颯々松」に「ざざんざのまつ」と振り仮名があって、
万作家お弟子衆の勉強会「ざゝん座」の漢字がこんなだったかと感心しました。
閉館間際で空いていて、じっくり見られて良かったです。

|

« 日本経済新聞の今年のパフォーマンスの収穫、舞踊部門に「解体新書」ランクイン | トップページ | DAIKANYAMA T-SITE にハマる »

「イベント・展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本経済新聞の今年のパフォーマンスの収穫、舞踊部門に「解体新書」ランクイン | トップページ | DAIKANYAMA T-SITE にハマる »