« 来年の「エリザベート」 | トップページ | 「日生劇場十二月歌舞伎公演」(夜の部)を観る »

2011.12.23

「コリオレイナス」翻案映画来年公開

レイフ・ファインズと言うと「イングリッシュ・ペイシェント」「クイズ・ショウ」
「シンドラーのリスト」はじめ、悲劇の貴公子的役柄か、冷徹な悪役の
両極端のキャラクターをこなす役者さん。
(見てませんが、最近は「ハリーポッター」シリーズにもご出演とか)
舞台ではRSC出身なのでシェイクスピア作品や、あの(笑)ジョナサン・ケント
演出「オイディプス王」に出演されていますが、来年2月に初監督映画
「英雄の証明」の日本での公開決定したそうです。
この作品、シェイクスピアの『コリオレイナス』を現代に置き換えたサスペンス・
アクション(そうなのか〜)だそうで、ファインズは、監督兼主演(つまりタイトル
ロール、コリオレイナス役)

これ、蜷川さんの舞台では唐沢くんが演じた役で、ライバルのオーフィディアスは
勝村さんでした。
映画版ではそのオーフィディアスは「オペラ座の怪人」のファントム、「300」
等で知られるジェラルド・バトラー。

シェイクスピア作品の映画化では最近「テンペスト」が「源氏物語」同様、安っ
ぽいVFXのせいでがっかりさせられたばかりですが、とりあえず「コリオレイナス」
には亡霊、妖精系は出ないので、そっちは大丈夫そうですが、問題は怖いママ、
ボラムニアをどう扱ってるか。
何しろボラムニア役が、ヴァネッサ・レッドグレーヴさんらしいので。

ニュースソースはAsahi.comなど
しかしポスターの写真のレイフさん、怖すぎでしょ。

|

« 来年の「エリザベート」 | トップページ | 「日生劇場十二月歌舞伎公演」(夜の部)を観る »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来年の「エリザベート」 | トップページ | 「日生劇場十二月歌舞伎公演」(夜の部)を観る »