« 「猟銃」今日WOWOWでオンエア | トップページ | アニメ「テルマエ・ロマエ」 »

2012.01.14

「野村狂言座」を観る

「野村狂言座」を観る

宝生能楽堂。
今年最初の狂言座公演。
ロビーには菰樽の日本酒に鏡餅、本舞台正面に正月恒例の飾りと注連縄。

見所はやや脇正面後方に空席が目立ちました。
演目も春や正月に因んだ祝祭性の高い(=余り笑いは多くない)物が多めの
番組。
ふと見ると、事前チラシと最後の「若菜」の配役が違っていました。
予定では大原女ヘッド(笑)は高野さんだったのですが、竹山さんに変更に。
直前の「空腕」熱演直後はきついか、はたまた後進の成長に期待されたかな?
実際竹山さんの大原女ヘッドは安定感あり、期待に応えたのでは。
恒例、招待席に河合先生が外国の方とご一緒にいらしていました。

まずは素囃子「神舞」
鉄板の定番曲ですが、最近耳が弱くなったのか、この曲の笛の激しいヒシギを
ずっと聴いていると、キーンと言う耳鳴りがするようになって少し困っています。

囃子方がそのまま残って「夷大黒」。初見。

祝祭もので、長者が勧請(かんじょう)すると、夷と大黒が現れ、夷は何でも
釣れる釣り竿を(階に糸を垂らすと鯛が釣れて目出度い(笑))、大黒は何でも
手に入る打出小槌と袋を与えて去ると言う有り難いもので、それぞれ専用面を
かけた竹山さん(夷)と深田さん(大黒)が演じられました。
書いたように笑いは少なかったのですが、途中ちょっとしたハプニングが。
神を勧請するのに家に注連を張るとして、長者役の月崎さんが目附柱に、
後見の岡さんがシテ柱にそれぞれ注連縄の両端を縛り付けていたら、力加減か、
月崎さん側がプチっと言う音と共に切れてしまいました。
宝生の柱が太かった事もあるのかも知れません。
結局シテ柱側をすぐ脇の欄干に結びつけて(欄干は細いので、結んでも目附柱
側に長さの余裕が出る)対応されていました。

続いて「空腕」
見たことあると思っていたのですが、高野さんのビビり太郎冠者は相当インパクトが
ありました。
確かに太郎冠者は怖がりなのでしょうが、今の様に街灯や道沿いにコンビニの
ような「補助灯」もないのですから、いかに昔は町が夜は暗かったかを窺い知る
事ができる話だなぁと思いながら見ていました。

休憩を挟んで、今回萬斎さん唯一のご出演「若菜」
これも春を寿ぐおめでたくものんびりした謡と舞の曲。
そして見る前から判っていましたが、この曲は果報者の野外宴会に花を添える
大原女5人と果報者のエンタメ担当部下、海阿弥が活躍、萬斎さんが演じる果報
者は殆ど出番なく座っているだけなんですよね(笑)
そして今回は大原女を演じた、竹山くん/中村くん/村井くん/内藤くん/岡くんと
万作家若手のお披露目みたいな感じでした。
中村くんは遼太くんと同じくらいキャリアがありますが、女の役は最近からかも。
村井くんは声が素晴らしく良くてびっくりしました。
岡くんはやっぱり背が高い(笑)
五人が橋掛に揃っての謡はちょっと音程がバラバラになったりしていたのが今後の
課題かも。
万作さんが五人を見事にまとめ、リードされていました。

笑いは少なめでしたが、「のどかな春」でした。

|

« 「猟銃」今日WOWOWでオンエア | トップページ | アニメ「テルマエ・ロマエ」 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「猟銃」今日WOWOWでオンエア | トップページ | アニメ「テルマエ・ロマエ」 »