« 二つのバージョンの「タルカス」聴き比べ | トップページ | 大阪のみ開催だったあのユニットの朗読劇がいよいよ東京開催! »

2012.01.13

「道成寺」が芸術祭演劇部門で、青木豪さん、中村壱太郎くんが同新人賞受賞

平成23年度(第66回)文化庁芸術祭各賞が発表されました。

演劇部門では去年10/19に国立能楽堂で開催された、藤田六郎兵衛さんの会
「萬歳楽座」第4回公演における能「道成寺 中之段数躙 無躙之崩」が芸術
祭賞を、また、演出家の青木豪さんが、11月にシアタートラムで上演した「往転-
オウテン」での演出により、及び、「十月大歌舞伎」における「連獅子」の演技で
中村壱太郎くんがそれぞれ新人賞を受賞されたそうです。

「道成寺」は極めて豪華な顔ぶれで、観世宗家がシテ、閑師がワキ、そしてアイ
(能力=のうりき)に萬斎さん、囃子方も、笛は当然六郎兵衛さん、小鼓は源次郎
さん、大鼓が広忠さんで太鼓が元伯さんでした。
お舞台拝見しましたが、能素人の私から見ても完成度高いなと思ったものでした。
「往転」も「奇ッ怪その弐」以上に企みを持った作品でした。

さてそうなればそろそろ「読売演劇大賞」かな。

|

« 二つのバージョンの「タルカス」聴き比べ | トップページ | 大阪のみ開催だったあのユニットの朗読劇がいよいよ東京開催! »

能&狂言」カテゴリの記事

舞台一般」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二つのバージョンの「タルカス」聴き比べ | トップページ | 大阪のみ開催だったあのユニットの朗読劇がいよいよ東京開催! »