« 読売新聞別刷「平清盛」カラー全面広告に玉三郎さん! | トップページ | 「運命の人」(第5回) »

2012.02.12

「横浜狂言堂」を観る

横浜能楽堂
横浜狂言堂はこの能楽堂の主催公演で、たった2000円で狂言2曲を解説付きで
見られる超お財布に優しいマンスリー企画。
日程が合わなかったり体調崩したりで、今回初めて伺いました。
チケット完売との事でほぼ満席。

まずは15分高野さんの解説。

続いて萬斎さんシテ(僧)の「泣尼」
これとか「小傘」の尼は長く石田さんの専売特許的なキャラクターでしたが、
今回は月崎さん尼、深田さん施主。
食事済ませて程よい暖房に、尼さんのみならず見所にもうつらうつらの人が結構
いらして、僧の咳払いや中啓叩く音に尼さんとシンクロして起きるのが、可笑し
さに更に拍車がかかりました。
萬斎さんと月崎さんコンビというと「彦市ばなし」の天狗と彦市さんを思い出しますが
この演目でも相当おもしろくなりそうです

休憩を挟んでつい先日府中でもかかっていた「文荷」を、高野さん×竹山さんの
冠者コンビに、最近進境目覚ましい岡さん主。
竹山さんの「お返事…」はちょっとタイミングが早くて笑いが少なかったですが、
高野さんの「お返事」は間を作ったのが効いて、爆笑を誘いました。
岡さんはまだ固さはありますが、姿勢が良く、硬質の良く届く声、そして長身を
生かしての存在感が武器ですね。

期待通りの楽しい公演でした

|

« 読売新聞別刷「平清盛」カラー全面広告に玉三郎さん! | トップページ | 「運命の人」(第5回) »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

私も今日「横浜狂言堂」行って参りました!地元なもんで、萬斎さんが出演される際は欠かさず行くようにしています。実は私は舞台を見るときは眼鏡をしないと見れないんですけど…今日眼鏡を持っていくのを忘れてしまい(普段は裸眼でOK)、出演者の方々の顔をまともに観る事ができず、ずっとぼやけたままの状態での観劇となってしまいました。「文荷」は初見だったんですけど、面白かったです!やっぱり高野さんの太郎冠者はいいですね(高野さん好きな私です)間のタイミングとが絶妙。あと、私も泣尼と同様にうとうとしてしまい、萬斎さんの咳払いの度に目を覚ましてました(苦笑)

投稿: 華菜 | 2012.02.12 22:44

華菜さま

>私も泣尼と同様にうとうとしてしまい、萬斎さんの咳払いの度に目を覚ましてました(苦笑)

私も冒頭あたりが記憶になくて・・・
あの能楽堂、坂を登りきって席に着くとふわ~~っと眠気がくるような気が(言い訳・・・(*^^)v

投稿: かのこ | 2012.02.13 06:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読売新聞別刷「平清盛」カラー全面広告に玉三郎さん! | トップページ | 「運命の人」(第5回) »