« 祇園の「飛脚」は古風。 | トップページ | 教育テレビで「俳優祭」ダイジェストを観る »

2012.03.11

3月11日

早くも1年経ったのですね。
当日電車なら30分の距離をタクシーに3時間半も乗ったこと、知人宅で見た津波の
映像、原発事故とそれに伴う計画停電発表、週明けの通勤大混乱(私は電車が
運転休止で自宅待機だった)、木曜日の「無計画停電可能性」話、乾電池や水を
始めとして商品不足…

今、私が生活する範囲内には震災の痕跡は殆どなく、企業努力やLEDライトの
普及か、寒くても電力使用率90何%だから危ないとか言わなくなっています。

被災地の方たちのご苦労は相変わらずのようで、申し訳ない感じもします。

そんな中、震災当日にすみだトリフォニーホールで開催された、マーラーの演奏
会についてのドキュメントをNHKがさっきやっていて、あの日にコンサートを
「強行」した事については賛否あろかうと思いますが、音楽と人間の関係性に
ついて考えさせられました。

今日1日は様々な事について改めてしっかり考える日にしたいです。

|

« 祇園の「飛脚」は古風。 | トップページ | 教育テレビで「俳優祭」ダイジェストを観る »

地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祇園の「飛脚」は古風。 | トップページ | 教育テレビで「俳優祭」ダイジェストを観る »