« 「海辺のカフカ」を観る | トップページ | 「平清盛」(第18回) »

2012.05.06

「よこはま万作萬斎の会」を観る

去年は確か、万作さんの烏帽子が手違いでないハプニングに見舞われた「よこはま」
1年が経つのは速い。

今回は周りのお客さんにやたらと狂言ビギナーが多くて(誘われて初狂言、初
能楽堂的な)何気なく聞こえる能楽堂や万作家や他家、他流の話が誤解だらけで
聞いているこちらがヒヤヒヤしました。

まずは萬斎さん太郎冠者&石田主最強コンビの「清水」
鬼に化けるならその装束もなんとかせい(武悪面つけても服そのまんま)、な
気もしますが、太郎冠者が自身の待遇改善を要求する、その内容が細かくて
(細かすぎて)笑いました。

続いて「宗論」
万作さん浄土僧に深田さん法華僧か挑む構図。
相変わらず余裕かましまくりの万作浄土僧がさすがでした。
また何をするではないけれど、すっと中央に座っていた、宿屋役の内藤くんの
姿が良く、また機会を与えられた後進が頑張っているのが見ていて心地よかった
です。

休憩を挟んで「よこはま」名物、万作さんの「芸話」。
今回は「出会った人々」をテーマに、時にご子息以上に発せられる鋭いご意見を
含んで大いに楽しませて頂きました。
(相変わらず息はお辛そうでしたが)

早舞を挟んで最後の「田植え」
実は余りに見所をみつけられない曲(元は間狂言ですから仕方ない)ですが、
こちらも早乙女ガールズが若手中心になっていたのが目新しかったです。
(にしても第2世代のチームお弟子はみなさん背が高い!)

終わって外に出て暫くしたら大粒の雨が一気に降り出し、駅に着くまでに結構
濡れましたが、万作家がこの後ご出演予定の「称名寺薪能」は無事に実施された
のでしょうか。

|

« 「海辺のカフカ」を観る | トップページ | 「平清盛」(第18回) »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

かのこさん、こんにちは。

称名寺の薪能は雨で開場が遅れましたが
無事、開催されました。

横浜市長のあいさつ(来年は市が後援することを約束)
薪能1回目の年に生まれた二人の少女の火入れ
地元セミナーの子どもと大人それぞれの連吟(放下僧、六浦)
地元セミナーから生まれた子方(土蜘蛛の頼光役)
など開催者、地元の方々のたゆみない努力を感じました。

一つ残念だったのが、たぶん時間通りに終わらせるため
アイ狂言(村井一之さん予定)が省かれたこと。
「長光」での萬斎さん(盗人役)は気が軽そうでしたし
中村修一さん(田舎者役)は大変立派でした。

とても良い催しでした。

投稿: susie | 2012.05.07 10:24

susieさま
無事に開催されてよかったですね。
私も前にどこかの野外能でアイがすっぽりカットされた
(番組には出ていたのに)という経験があります
ほんともったいないですよね~~
「長光」とは珍しい。最近見ていない曲のひとつかも。

投稿: かのこ | 2012.05.08 06:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「海辺のカフカ」を観る | トップページ | 「平清盛」(第18回) »