« 「サド侯爵夫人」放送日決定 | トップページ | 7月期ドラマ情報 »

2012.05.24

万作の会アメリカ公演

万作の会公式に先週ケネディセンターで行われた万作家の狂言公演についての
現地メディア評が紹介されていたので、拙い英語力を必死に駆使して読んでみま
した。

演じられたのは「墨塗」「月見座頭」「首引」の三曲だったようす。
「演技はチャーミングだった」「最小限の動きで表現する」「形式に則っている」
「背景に松の絵が描かれている」など、部分的にしか理解できませんでしたが
「墨塗」が「“I Love Lucy.”を彷彿とさせるだろう」と言うコメントがアメリカ
らしかったですが、「月見座頭」なんて不条理すぎて私はなかなか理解できない
のですが、アメリカの観客はどう捉えたのでしょうか。
それにしてもなぜ「墨塗」の英語訳が“Black Crocodile Tears,”=ワニの涙?

|

« 「サド侯爵夫人」放送日決定 | トップページ | 7月期ドラマ情報 »

能&狂言」カテゴリの記事

コメント

crocodile tearsはウソ泣きという意味だそうです。私もちょっと気になり、英辞郎で調べました。語源も書いてあり、ワニは人をおびき寄せるためにウソ泣きをするといういわれがあるそうです。 

投稿: まっきぃ | 2012.05.24 08:16

わたしはその狂言のことはわからないのですが、
ワニの涙は以前ジュードロウ主演映画がそのタイトルで引用されてて調べました。
哲学者のフランシス・ベーコンの言葉に
「獲物に食らいつく瞬間目から涙を流す。
その分別(叡智)がワニの涙だ」
というものがあるそうです。
罪悪感を払拭するための自己愛の涙で、「偽善」とか「嘘つき」として使われるそうです。
参考になるといいのですが。

投稿: たいやき | 2012.05.24 15:45

まっきぃさま
たいやきさま

さっそくお答えいただいてありがとうございました
もうちょっと自分で調べればよかったです・・

でも鰐の黒い涙はちょっとコワイですよね。
(いや、黒鰐の涙???)

投稿: かのこ | 2012.05.25 06:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「サド侯爵夫人」放送日決定 | トップページ | 7月期ドラマ情報 »