« 「ルドルフ・ザ・ラスト・キス」を観る | トップページ | 「狂言座」9月公演は萬斎さんによる「上演前解説」付きに »

2012.07.16

「座・SQUARE」を観る

国立能楽堂。
本当に久しぶりに能楽堂、本当に久しぶりに能公演、そして本当に久しぶりに
「本業」の萬斎さんを拝見しました。

演目は「小袖曽我」「入間川」「砧」

最初に同人の高橋忍さんから挨拶&解説。

萬斎さんはファン以外には判らない訳ですが、この日は萬斎さん「藪原検校」の
新潟での「大千秋楽」から一晩明けたばかりの翌日。
高橋さんは萬斎さんにスケジュールを確認したら「この日だけピンポイントで
空いている」と言われたそうですが、そりゃ丸一ヶ月主役として喋り倒した
「藪原」の翌日、普通なら本業に戻る前に1日くらい空けていたと思いますが、
スケジュール入れてしまわれたんですね(笑)

そんな訳でファンとして注目していまったのが、萬斎さんの髪。
髪を刈るのが判っていたのか偶然か、この日萬斎さんの役は「入間川」のシテ。
大名ですから烏帽子をかけているので、傍目には「中身」が例の「五分刈り」と
判りませんが、烏帽子にかかる髪が全くないのでファンにはばっちり違いが解り
ました(笑)。

狂言は京都を中心に継承されてきたため、だいたいは京都が舞台になるのですが
この演目は「鐘の音」などと並んで数少ない関東ご当地狂言。
入間の人はなんでも言葉をは逆さまに言う「入間様」を使う、と言うのを大名は
何故か知っていて、偶々出会った入間人に太刀や刀を与えてはやりとりを滅茶
苦茶楽しんだ挙げ句に、この種の大名としては珍しく、頭が回って、最後は
きっちり太刀や刀を入間人から回収する物語。

萬斎さん、石田さん演じる「入間の何某」とのやりとり、月崎さん演じる太郎
冠者とのやりとりを本当に楽しそうになさっていて、やはり「本業」は更に生き
生き生きされて見えました。
ただどうも萬斎さん大名、動きがいつも以上にスピーディーで、袴の裁きが
バサッ〜〜と大きく見えたり、刀に手をかけて「成敗してやる」の時、殺気が
出すぎ(笑)だったり、気のせいか「検校」動きがどこかに残って見えた
のは見ているこちらの思い込みのせいでしょうか…?
ともあれ、黒がかった緑地に折鶴柄の素襖、中は紅白に黄色の入った派手な段
熨斗目と久しぶりに(笑)華やかなご装束での祝・ご本業復帰、の一幕でした。

順序は逆になりましたが、最初に演じられたのが能「小袖曽我」
五郎/十郎が工藤を討つ前に母親に会いに行くと言う、歌舞伎でもお馴染みの
典型的「曽我もの」の一幕。
超判りやすく、65分と手頃に短い素人に有難い直面もの。
ツレの金春さんが体調を崩されたとかで、山井さんがツレだったかシテ(まさか!)に
回られたようでしたが(配役変更メモ忘れ)、シテもツレも若くて、直面で五郎
十郎演じて全然違和感ないのは良かったし、お二人とも凛々しい顔立ちで、
「公達」にぴったりでした。
更に笛が幸弘さん、小鼓が源次郎さん、大鼓が広忠さんと、囃子方に大好きな
パワフルなメンバーが揃われて耳福、でしたが、囃子方が余りパワフルで、私の
席からは地謡が押され気味に聞こえました。

休憩後の「砧」は終わりまで見ると次の予定に間に合わないのが判明し、失礼
ながら「入間川」までとなりましたが、久しぶりにシャキッと背筋の伸びる国立
能楽堂の雰囲気を味わわせて頂きました。

|

« 「ルドルフ・ザ・ラスト・キス」を観る | トップページ | 「狂言座」9月公演は萬斎さんによる「上演前解説」付きに »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ルドルフ・ザ・ラスト・キス」を観る | トップページ | 「狂言座」9月公演は萬斎さんによる「上演前解説」付きに »