« 「トロイラスとクレシダ」松岡版翻訳本 | トップページ | 「平清盛」第31回 »

2012.08.05

「森の薪能」今年は「二人袴」を親子三代で。

新宿御苑恒例の「森の薪能」、広げた中啓に緑がいっぱいの、こちらもお馴染みの
ポスターを見ました。

今年は万作さん、萬斎さん、裕基くんでの「二人袴」が上演されるとの事。

去年初めて伺って、雰囲気は堪能できましたし、ビギナーズラックか、予想以上の
良席で見られたのと、それでも装束に付けたマイクが拾ってしまうノイズなどが
気になってしまい、演目自体は余り堪能できなかった(大会場の薪能でそれを
期待するのは無理ですが)ので、今年は行かないつもりですが、裕基くんの「聟」は
年齢的にそろそろ余り違和感がなくなって来たかも知れません。

|

« 「トロイラスとクレシダ」松岡版翻訳本 | トップページ | 「平清盛」第31回 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「トロイラスとクレシダ」松岡版翻訳本 | トップページ | 「平清盛」第31回 »