« 「負けて、勝つ」(第4回) | トップページ | 何故か近江鉄道で「のぼう」ラッピング電車 »

2012.09.30

「野村万作萬斎狂言の現在2012」を観る

関内ホール。

実はここ、方角にはかなり自信のあるワタクシにとって、二度も迷った「鬼門」の
ホール。
どうもきちんと区画整理され、似たようなビルが同じように建っているのが、
馴染みの薄い場所に追い討ちをかけるのか、余裕で出発が「マジやばい」を二度
繰り返した苦い思い出が(苦笑)
今回は携帯ナビから片時も目を離さず、何とか一発到着。
そう言えばこのホールの狂言公演は最近平日昼1公演とかで行かれず、久しぶり
でした

まず、萬斎さん解説。
軽妙に25分。
最後に映画の宣伝。
「原作読んだ人?」と挙手求めておいて「(原作の内容は)忘れてください」
との事(笑)
「脚本が先にあって、キャスティングも決まっていたのに、後から書かれた小説
では『身体の大きな男』の設定になっていて、小説を読んだ方には『イメージが
違う』と言われるのですが…」との事。
ちなみに約2時間半とやや長めだそうです。

あと1ヶ月楽しみに致します。

まず狂言「蚊相撲」
蚊の精:深田さん、大名:石田さん、太郎冠者:高野さんの磐石トリオ。
最後にのほほんとしていて大名にトバッチリを食う太郎冠者が笑えます。

休憩を挟んで小舞「景清〜後」
万作さんの「アラウンド卒寿」とはまるで思えない、スッと伸びた背筋と、きび
きびした動きが素晴らしかったです。

最後が「千切木」
配役が文字のみチラシとかなり変わっていて、立衆の竹山くんと村井くんが、
破石(澄元さん)と加藤くんに。
何と中村くんが立衆トップの大役!
萬斎さんの太郎は蛍光カラーっぽい緑とオレンジの千鳥柄素襖に黄緑色の袴と
超ハデ(笑)
そして奥様がやはりこの方、高野さんで、夫を誉めたり叱ったりと大活躍。
見所も判っているようで、奥様登場だけですらクスリと笑いが起きていました。
今回はカラリと笑える曲が並び、気持よく拝見できました。

帰りは一旦来た道を帰るだけとタカを括っていたら、出口を出た瞬間に左右を
間違えてまたまた危うくとんちんかんな方向に行きかけ、見える筈のないJRの
高架が見えはじめ、慌てて携帯ナビを見て引き返しました。
ん〜やっぱりこの会場は私には鬼門のようです。

|

« 「負けて、勝つ」(第4回) | トップページ | 何故か近江鉄道で「のぼう」ラッピング電車 »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

私も観に行きました!私は、昼間の公演って13:30開場・14:00開演が多いので、ついそうだと思いこんでいて(苦笑)会場着いたら、『間もなく開演です』と言われて大慌てで会場に入りました(汗)
やっぱり、妻役は高野さん以外考えられないって言うほどホントにぴったりな配役ですよね。
ただ、今回は拍手のタイミングがずれまくりな感じがして、ちょっとがっかり感が否めなかったのですが…。

投稿: 華菜 | 2012.09.30 22:59

華菜さま
確かに昼の開演は13時か14時というジャストが多いのに、なんで今回だけ13時半(^^ゞでしたね~
拍手がずれた、ということは初めて狂言を観る方が結構いらっしゃるということで、狂言のすそ野を広げる意味ではありがたいかもしれません
個人的には歌舞伎やその他の演劇のノリで出で拍手が出なかっただけOKかもと(^^ゞ

投稿: かのこ | 2012.10.01 05:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「負けて、勝つ」(第4回) | トップページ | 何故か近江鉄道で「のぼう」ラッピング電車 »