« 「薄桜記」の不思議な配役 | トップページ | 「オペラ座の怪人」を観る »

2012.09.01

「国立能楽堂企画公演〜狂言・落語・講談」を観る(聞く)

国立能楽堂

約1ヶ月半ぶりに萬斎さん舞台。勿論「ご本業」。
失礼ながら髪の毛がどれくらい伸びたかも気になってました(笑)

今回は夏休みスペシャルで、能楽堂の舞台で狂言と一緒にかかるのが能ではなく
講談と落語と言う特別企画。
落語は以前に新宿の演芸場と、萬斎さんが落語とコラボした横浜の企画で生で
聞いた事がありましたが、講談は全く初めてでした。

能楽堂に目附柱に正対して二畳台が置かれ、上に座布団と机?が置かれてまず
講談「梅若丸」
講談と言うと戦記物や「森の石松」みたいなのを勇ましくナレーター的に語る
ものと思っていたので、能「隅田川」を題材にしていたことと「舟が出ます〜」
「お待ちください〜」とか普通の会話を講談師が語るのを聞いて、正直落語との
違いは泣かすかオチを付けるかの差だけなのかなぁと疑問を感じました。
(語られた方が「講談師見てきた様な〜」と例えられるほどには、立て板に水、
ではなかったし)

次の落語はチラシも館内に掲出のタイムスケジュールにも演目がなく、帰りに
『「子別れ」でした』とクラシックのアンコールみたいな張り紙が出ましたが、
落語って毎回演目は当日まで判らないのでしょうか?
話は面白かったですが、落語は基本江戸時代が舞台かと思っていたので、「鉛筆」
とか「遠足」とか言う単語が不思議でした。

で最後が狂言「六人僧」
前にもホール狂言で見た気がしますが、今回の方が随分面白かったです。
私と逆で、落語、講談ファンの方で狂言をご覧になる方も結構いらしたのか、
名前を役者名で呼ぶのが新鮮なようで(男性役3人が全員本人名の演目だった
せいもあります)いつも以上に「萬斎どの」「幸雄どの」「博治どの」で笑いが
起きていました。
注目の?萬斎さん髪型ですが、五分からはかなり伸びましたが、横をやや刈り
上げたのか、ちょっと不思議な感じでした。
ハナシが途中で出家させられる役で、白い頭巾を被るのですが(そう言えば昨日の
萬斎さん朝日新聞エッセイは頭巾ハナシでした)、元から既に五分刈りに文字
通り「毛が生えた」程度なので、普段の髪に比べたら「そのままでも十分『出家』
してますよ」と思いながら見ていました。

9月に入ってやっと本格的に能狂言公演が増えて来るので楽しみです。

|

« 「薄桜記」の不思議な配役 | トップページ | 「オペラ座の怪人」を観る »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「薄桜記」の不思議な配役 | トップページ | 「オペラ座の怪人」を観る »