« 今日の「夜桜能」は靖国神社 | トップページ | 新開場あれば閉館あり »

2013.04.03

「靖国神社夜桜能(第一日)」@日比谷公会堂

「靖国神社夜桜能(第一日)」@日比谷公会堂

2階客席はるか後方からでもこれだけ見られるのですから、日比谷公会堂、見事。
この桜は、群馬からこの予備会場のために伐り出したものだと説明がありましたが
となると3日靖国神社実施だと誰にも見て貰えない年もあるのでしょうね〜

まずは舞囃子「高砂」
昼間歌舞伎座でも聞きまくった「神舞」の本家(笑)を幸弘さんのスーパー能管で
堪能。

次が確か直前までグッゲンハイムで「三番叟」踏まれていた萬斎さんと石田さん
高野さんの「千鳥」
萬斎さんは当然千鳥の肩衣。
萬斎さん太郎冠者「千鳥」は去年だったか越谷?でも見ましたが、萬斎さんが
今回お疲れか珍しく「津島祭」の次の「だんじり」あたりで一瞬セリフにつまり
沈黙したのでびっくりしました。
多分「能狂言ビギナー」さんたちには判らなかったと思いますが、ファンとしては
ヒヤヒヤ。
しかし最後の、毎度舞の海がかつてやった「猫だまし」みたいな一瞬技で樽を
getするスピードは凄かったです

狂言にしては長いせいもありますが、昼の歌舞伎座騒ぎで「人当たり」して疲れて
いたせいで萬斎さんの狂言でうとうとしてしまったので、能はすっぽり止めて
帰ってきました。(見てても間違いなく寝てる)

|

« 今日の「夜桜能」は靖国神社 | トップページ | 新開場あれば閉館あり »

能&狂言」カテゴリの記事

野村萬斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の「夜桜能」は靖国神社 | トップページ | 新開場あれば閉館あり »