« 第22回読売演劇大賞 中間選考会報告 上半期5部門ベスト5 | トップページ | 最早マナーは死語なのか。 »

2014.07.16

久しぶりに立派なプルマンブレッドにお目にかかる

久しぶりに立派なプルマンブレッドにお目にかかる

久しぶりに立派なプルマンブレッドにお目にかかる

渋谷の「ヴィロン」が銀座一丁目に食パン専門店をオープンしたと聞いて、随分
前から気になっていたのですが、ようやく行ってきました。
仕組みがわからなかったのですが、行った時間にはプルマンしかないと(パンは
3種類くらいある)言われ、選択肢なしでプルマンを一斤並んで買いました。
(予約とかしていたら、ひょっとして違う種類も入手できたかもですが)

帰宅して切ったら、断面はキメが非常に細かく、均等にきっちり膨らんでおり、
味も自然な甘味があって、バターはありでもジャムは不要なくらいでした。

イートインでは好みのトースターで自分で焼いて食べる仕組みにらしかったですが
トーストだけで1000円は流石に高過ぎかな。

私のちょっと後ろに並んだ方は焼き上がりまで30分待ちと言われていたので、
すんなり買えたのは、それでもラッキーだったかも。

|

« 第22回読売演劇大賞 中間選考会報告 上半期5部門ベスト5 | トップページ | 最早マナーは死語なのか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第22回読売演劇大賞 中間選考会報告 上半期5部門ベスト5 | トップページ | 最早マナーは死語なのか。 »