« 2014年の萬斎さん、あれこれ | トップページ | 蜷川さんとジャニー喜多川さんの対談放送中。 »

2015.01.01

2014年印象に残った歌舞伎

2013年の歌舞伎座再開場から1年、歌舞伎はその器に相応しい次世代を視野に
入れ始めた感じがします。
人間国宝メンバーがフル稼働する一方で、福助さんは「病欠」のまま、
三津五郎さんも一旦は復帰されたものの、12月の出演は見送られ、やはり
まだメンバー不足は否めません。

若手の起用はそのための策の結果なのかも知れませんが…

で2014年印象に残った歌舞伎舞台はこんな感じです

★「こんぴら歌舞伎」の「菅原伝授手習鑑」(金丸座/4月)
念願の「こんぴら歌舞伎」観賞でした。
演目は勿論、劇場、雰囲気、そして初日だったので、鏡開きやマスコミ取材も
面白かったです

★「伊賀越道中双六」(国立劇場/11月)
吉右衛門さん主演、「岡崎」久しぶりの上演、貴重!
★「吉例顔見世」の「忠臣蔵/七段目」(京都南座/11月)
仁左衛門さんの大星、勘九郎くんの平右衛門、七之助くんのお軽、壱太郎
くんの主悦。眼服(笑)

★一月の歌舞伎座と「吉例顔見世」(京都南座/11月)の「忠臣蔵/九段目」

ポイントは戸無瀬の藤十郎さん。迫力が凄いんですよね。
お石と小浪はは京都の秀太郎さんと壱太郎くんが、由良之助は歌舞伎座の
吉右衛門さんが良かったです。

★「吉例顔見世」(11月歌舞伎座)の「勧進帳」

染五郎さんの初弁慶が新鮮でしたし、幸四郎さんの富樫に、吉右衛門さんの
義経、金太郎くんの太刀持ちと一族お揃いでした。

★「十月大歌舞伎」の「寺子屋」
仁左衛門さんの由良之助、勘九郎くんの源蔵、七之助くんの戸浪、玉三郎
さんの千代と、勘三郎追善とあってこの配役!

★「新春浅草歌舞伎」(1月浅草公会堂)と「十二月大歌舞伎」(歌舞伎座)の
「義賢最期」
最早、愛之助さんの十八番!

★「二月花形歌舞伎」の「白浪五人男」通し(歌舞伎座/2月)
染五郎/菊之助/松緑/七之助/亀三郎と同世代が揃いました。
このメンバーが歌舞伎座を支えるんですよねぇ…

★「五月花形歌舞伎」の「伊達の十役」の染五郎さんの大奮闘(明治座)

同じ演目を海老蔵さんがなさったのとは、面白い部分が全然違ったのが、
興味深かったです。

これで9演目11公演です。
来年も楽しみです!

|

« 2014年の萬斎さん、あれこれ | トップページ | 蜷川さんとジャニー喜多川さんの対談放送中。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2014年の萬斎さん、あれこれ | トップページ | 蜷川さんとジャニー喜多川さんの対談放送中。 »